生命保険

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険とは

生命保険

保険会社のなかで

積み立てられるお金は

保険を解約したいと申し出れば

契約者に返還されます。

 

生命保険 解約返戻金って?

これを生命保険の

解約返戻金といいまして

払い込まれた保険料から

保険金の支払いや保険の

運営コストなどを

差し引いた残りを

基準として決められます。

 

 

加入後、しばらくの間は

保険料の大部分

死亡保険金の支払いや、

証券作成などの経費に充てられます。

 

 

生命保険 解約返戻金

 

 

そのため貯蓄性のある保険でも

解約返戻金はほとんどない

あってもすごくわずかです。

 

 

解約返戻金の金額は

保険のタイプや契約年齢

保険期間や保険金額などに

よって金額が変わります。

 

 

解約する時期によっても変わります。

 

 

定期保険では

期待のできない解約返戻金ですが

終身保険ではそれなりの金額となります。

 

 

生命保険の保険料は

預貯金のようにそのまま

積み立てられるのではなく

その一部は毎年の死亡保険金などの

支払いや、保険会社の

運営に充てられます。

 

 

解約返戻金は戻りが少ない

そこで、解約返戻金の額は

払込保険料合計額よりも

少ない金額となります。

 

特に、契約後経過年数が

短い場合には、まったくないか

少額となります。

 

 

保険金額の大半を

占める定期保険特約には

解約返戻金はありません。

 

 

解約返戻金

 

 

終身保険は貯蓄性のあるものですが

高倍率の定期付終身保険となると

貯蓄には不向きといえます。

 

 

定期付終身保険は

わかりにくい点も少なからずあります。

 

 

なかでも、解約返戻金については

誤解が生じやすく

トラブルになりやすいところです。

 

 

もし、会社が倒産して失業し

保険料を支払うことができなくなったりと

想定していなかったことが

起こる可能性もあります。

 

 

保険期間は長期にわたりますからね…。

 

 

保険 のメリット デメリットは?

もし、解約することになったら

今まで保険料を支払ってきたことを

忘れて、解約のメリットと

解約のデメリットを考えてみましょう。

 

定期付終身保険の総額が

5,000万円などと高額であっても

払込期間満了後の老後資金に力を

 

保険証券等で、

ちゃんと確認することが大切です。

 

将来の解約返戻金

契約をする時に決まっています。

 

 

 

 

金額が知りたければ

契約時に受け取った保険証券や

保険設計書で確認するといいと思います。

 

生命保険会社に問い合わせても

教えてもらうことができます。

 

養老保険の解約返戻金は

定期保険や終身保険と

比べてかなり高額です。

 

 

解約返戻金が比較的高額で

あるということは、これを老後の資金や

緊急時の資金などとして幅広く

利用することができるということになります。

 

タグ :   

生命保険の加入率 生命保険の解約返戻金 生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧