生命保険料控除とは わかりやすく

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険料控除とはをわかりやすく

生命保険料控除とは わかりやすく

生命保険料控除とは

所得控除の一種であります。

 

税制改正で 保険料控除が増えました

所得税額を計算する際に個人の

事情を汲み取るために

生命保険や社会保険などの

費用を所得から

差し引くしくみです。

 

 

2010年の税制改正で

これまでの生命保険料控除の

計算方法が見直され

一般の生命保険料控除に

医療保険料の控除枠

別に設けられました。

 

 

税制改正 保険料控除

 

これによって

新制度での生命保険料控除とは

死亡保険などの生命保険料を

対象とする一般生命保険料控除

医療保険や介護保険の保険料を

対象とする介護医療保険料控除

個人年金の保険料を対象とする。

 

 

個人年金保険料控除の

3つの枠組みから

成り立つようになりました。

 

 

高齢化社会での生命保険

控除枠拡大の背景には

保険契約の多様化や

高齢化社会を迎え

民間の生命保険で加入する医療保険

介護保険の役割が

ますます大きくなっていることが

挙げられます。

 

生命保険料控除の手続きには

生命保険料の領収書か

生命保険料控除証明書が

必要です。

 

 

毎年、生命保険会社から

証明書が送付されるので

必ず保管しておくといいと思います。

 

 

高齢化社会 生命保険

 

 

会社からお給料をもらっている人は

年末調整に間に合うように

これらの書類を勤務先に提出すると

勤務先で所得税を

調整してもらうことができます。

 

 

自営業者などで確定申告する人は

申告時にほかの書類と

合わせて証明書や

領収書を添付します。

 

 

生命保険料控除額 でお金が返ってくる

会社員で年末調整し忘れた人も

確定申告をすれば

生命保険料控除を受けることができます。

 

 

最大5年まで、過去にさかのぼって

請求することもできます。

 

 

年末調整や確定申告で

生命保険料控除の手続きをしておくと

住民税の手続きも自動的に行われます。

 

 

生命保険料控除額 返ってくる

 

前納は、お金を保険会社が

預かっている状態ですが

前納は保険料が毎年

生命保険料控除の対象になります。

一方、一時払いは

契約した年しか控除の

対象になりません。

 

 

保障内容が同じなら

一時払い保険料は前期前納する

保険料より安くなります。

 

 

ですが、生命保険料控除の

適用を受けて取り戻せる

税金の効果を考えると

一概にどちらがお得かは

わからないというのが現状です。

 

 

保険料の総払込額

前納より一時払いが

安くなります。

 

 

しかし、一時払いでは

解約する時に保険料の

一部が戻ってきたり

保険料払込期間を通じて

税金面での優遇が

受けられたりしません。

 

 

生命保険料控除とは

生命保険会社の契約に限らず

損害保険会社で加入した

がん保険や介護保険の保険料

JAや生協で加入した共済の

保険料や掛け金も

生命保険料控除の対象となります。

 

タグ :   

生命保険の加入率 生命保険の解約返戻金 生命保険の選び方 生命保険料控除

この記事に関連する記事一覧