親 生命保険 加入

そうだ、生命保険を勉強しよう!

自分の親が生命保険に加入していないなら勧めた方が良いのでしょうか

親 生命保険 加入

自分が保険に関して感心が出てくる頃には、
自分の親は高齢になっていることが多いですよね。

 

 

もちろん自分の老後やもしもの時に備えて、
生命保険を考えることも多いですが、
親の死後の方が早く訪れることが一般的には多いです。

 

 

そんな時が急に来ても果たして親は、
いざという時のための備えをしているのでしょうか。

 

 

生命保険は、
高齢になればなるほど、
加入が難しくなってくると言われています。

 

 

もちろん年齢の問題もですし、
高齢になると病気や怪我のリスクも増えて来ます。

 

 

ですので、
生命保険は何歳未満という決まりがあったり、
年齢制限はなくとも、
掛け金が高くなったりすることが多いです。

 

 

将来を考える人は若いうちから生命保険に加入しています

 

 

ゆえに、
自分の将来を考える人は労働期間中の若いうちから、
生命保険に加入しているのです。

 

将来 若い 生命保険

 

しかし、
やはり若いうちは給与も安定していなかったり、
また子育てなどでお金がなく、
自分の生命保険まで支払っている余裕もない、
という場合もあります。

 

 

そのまま定年になってしまい、
生命保険をかけるタイミングがないまま、
高齢になってしまうこともあるようです。

 

 

実際、
定年退職して老後を過ごしている高齢者のうち3割は、
いざという時に頼りになるほどの生命保険に、
加入できていないと言われています。

 

 

比較的医療保険に加入していることは多いですが、
もしもの時に遺族を助けてくれるのは、
やはり生命保険です。

 

 

生命保険の加入を勧めるその理由とは

 

 

遺産という訳ではなく、
お葬式やそれに伴う費用は、
見積もりよりもかかってしまうのが現実です。

 

生命保険 加入 勧め

 

子どもたちがまだ子育ての最中であることも、
大いに考えられますし、
そうなるとお葬式の纏まった費用を工面するの、
はとても大変です。

 

 

そのようなことを踏まえて、
生命保険というシステムがあるのです。

 

 

両親共、
生命保険に加入していない場合は、
特に加入を勧めた方が良いと思われます。

 

 

とはいえ、
生命保険は本人の意思と書類がなければ、
もちろん加入はできません。

 

 

その旨親御さんに伝えた上で、
親子で相談をして加入を決めると良いでしょう。

 

 

高齢でも加入できる生命保険はあるの?

 

 

今は、
持病があっても数年以内に治療を行っていなければ、
加入ができるといった条件や、
月々3000円の掛け金で一生上がることがないなど、
高齢になってから加入するのに有難いシステムが、
多くあります。

 

高齢 加入 生命保険

 

更に、
医療特約をつけることもできる保険が殆どですので、
生命保険を新規加入するのであれば、
ついでに医療保険の見直しもすると良いでしょう。

 

 

特に生命保険は、
加入して数ヶ月から数年以上経ってから適応、
ということが多いです。

 

 

ですので、
不安を感じたら、
まずは見積もりをとり相談をした上で、
できるだけ早めの加入をすることをお勧めします。

 

タグ :   

生命保険の加入率 生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧