プラン 生命保険

そうだ、生命保険を勉強しよう!

どんなプランの生命保険が自分に合っているのかを知ろう!

プラン 生命保険

生命保険は、
契約者が亡くなった際に
まとまったお金が遺族に保証される保険プランです。

 

 

ですので、
主には亡くなった人の扶養家族が契約者の死後、
生活を立て直すまでに
充分な生活を送るための資金を用意するために
生命保険を利用します。

 

 

また、
人間は亡くなった後にでも火葬や葬儀、
お墓の準備等でお金がかかります。

 

 

自分の葬儀代などは自分で用意をしたい、
遺族には迷惑をかけたくないと思い、
生命保険の保険金で賄おうとする人も多いようです。

 

 

このように生命保険でさまざまな使い道があります。

 

 

生命保険の選び方とは?

 

 

現在多くの生命保険プランがあり、
保険会社で取り扱わない会社はないほど、
その会社の代名詞とも言えるほどのプランですので、
種類も特徴も幅広くあります。

 

生命保険 選び方

 

そんな生命保険の選び方で
押さえておきたい点はやはり、
自分の死後にどのような形で
お金を使って欲しいかによって
選び方が変わってきます。

 

 

たとえば、
自分の葬儀代などだけは自分でまかないたい、
迷惑をかけたくないという人の場合の選び方です。

 

 

このような場合は、
まとまったお金をこれといって
残さなくてはならないという人は
いないことが多いです。

 

 

配偶者にはすでに先立たれており、
子どもも成人して
満足に生計を立てられている場合などです。

 

 

このような場合には、
大金は残さなくても周りは困らないから、
せめて自分の分だけは
工面しようという思いから生命保険を利用します。

 

 

ですので、
生命保険のプランとすれば比較的掛け金も安く、
契約期間も短いもので充分です。

 

 

生涯保証の生命保険だと、
満期の支給額は
1000万円単位での支給になります。

 

 

ただ、
そこまでのお金はいらない、
むしろ財産分与でもめて欲しくないから
自分の葬儀代程度だけ残したいという人もいます。

 

 

自分の葬儀代やお墓分となると、
葬儀の規模などにもよりますが、
300万円ほどあれば充分にまかなえます。

 

 

このような際には、
満額を300万円とし
死亡時に死後の世話をしてくれるであろう人を
受取人に設定することで、
自分の意向にあった形が取れます。

 

 

また、
扶養家族がいる場合の生命保険の選び方としては、
やはり1000万円単位で
お金が残せるプランを選ぶことが望ましいです。

 

 

普通のプランに加入すれば、
生命保険は大体死亡時には
1000万円単位のお金が保証されています。

 

 

契約から3ヶ月以上たたなければ
保険はおりなかったり、
病歴などによっては契約ができなかったりしますので、
生命保険を加入するのは、
健康な若いうちが
一番審査も通りやすく掛け金も安く済みます。

 

タグ : 

生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧