掛け捨て

そうだ、生命保険を勉強しよう!

掛け捨て型の保険について知っておこう

掛け捨て

生命保険は、自分の亡くなった後に遺族が生活を
立て直すまでの期間満足な生活ができるようにと
まとまったお金を補償する保険です。

 

 

 

 

生命保険は、保険会社の看板プランでもありますので、
保険会社であればまず生命保険は取り扱っています。

 

 

ですので、プランも多種多様で掛け金から加入年齢、
特約などさまざまな種類があります。

 

 

生命保険の掛け捨て、どんなイメージを持ってる?

 

 

生命保険 掛け捨て

 

 

その中で、多くの人が重視するポイントとしては
保険料が掛け捨てかそうではないかです。

 

 

やはりイメージとすれば、掛け捨てじゃないほうが
お得な感じがします。

 

 

掛け捨てではないということは、
加入から10年や20年など、決まった期間が経つと
支払った保険料がある程度帰ってくるということです。

 

 

満額ではないものの、加入期間中に特に大きな病気や
怪我などもせず、保険を使う機会がなかった場合などは
満期に返ってくる金額も満額に近いものになります。

 

 

それに比べて、保険料が掛け捨てであると
簡単に言うと支払った金額は返ってきません。

 

 

生命保険掛け捨てのメリットは安いだけじゃない

 

 

生命保険 掛け捨て 安い

 

 

これだけ聞くと、もちろん掛け捨てであるほうが
確実に損をしている気分になるかとおもいます。

 

 

しかし、掛け捨ての生命保険は掛け捨てなりの
メリットがあるのです。

 

 

たとえば、掛け捨ての生命保険は
そもそもの保険料が安いのです。

 

 

支払い金額が安いので、比較的誰でも入りやすい
というメリットがあります。

 

 

また、生命保険や医療保険などの保険は
加入する際に審査があります。

 

 

たとえば既往歴や年齢などです。

 

 

生命保険などになるとやはり、大きな病気をした
経験がある人は入りづらいですし、年齢が高齢になれば
なるほど審査は通りづらくなります。

 

 

入れたとしても掛け金が高くなったり、加入から保険が
適応になるまでの期間が長くなったりと、早いうちに
加入していなかった人としては扱いにくい保険プランなのです。

 

 

掛け捨てならではの魅力はたくさんある

 

掛け捨て

 

 

その点、掛け捨ての生命保険の場合は審査が
比較的通りやすく、補償も手厚いものが
多い傾向にあります。

 

 

また、満期に支払われる死亡保険料も、掛け捨ての方が
割高ですし、遺言の管理などの代行も無料サービスと
して行ってくれる場合が多いです。

 

 

生命保険を加入する際に一番に考えるのは、
掛け捨てではないというところだと思います。

 

 

やはり掛けたお金がそのまま使われずに
なくなって、しまうのは損をした気分に
なってしまうかもしれません。

 

 

しかし、掛け捨ての場合はその分手厚い補償で
あったり通常は有料のサービスが無料で受けられる
というメリットもあるのです。

 

 

その点も加味した上で、どの保険プランが自分に
合っているのかを見極めることが必要です。

 

タグ :  

生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧