生命保険 タイミング

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険に入るタイミングについて考えてみる

生命保険 タイミング

生命保険は、自分にもし万が一のことがあったときに、
遺族にまとまったお金を残して生活を立て直すまでの
期間満足な生活を送れるようにということで
加入する場合が多いです。

 

 

また、人間は死後にも葬儀や
お墓の用意などでお金がかかるものです。

 

 

 

 

その資金を、遺族に迷惑をかけたくないということで、
それくらいは自分でまかなおうという考えで
生命保険に加入する人もいるようです。

 

 

生命保険に入るべきタイミングはいつ?

 

 

生命保険 タイミング

 

 

生命保険の加入を考えるタイミングとすれば1つは、
自分で収入を得るようになる社会人になった
タイミングです。

 

 

自分のことは自分で責任を持とうという意思が
出てきた頃になります。

 

 

もう1つは、やはり結婚や子どもができた
タイミングで、守るべき家族ができたときが多いです。

 

 

自分がいなくなって困る人がいるのならば、生前に
自分の死後の家族の補償もしておかなくてはなりません。

 

 

現在日本人の8割は生命保険に
加入していると言われています。

 

 

保険会社としても看板プランでありますので、
ほぼ全ての保険会社が生命保険を取り扱っています。

 

 

その保険プランは、ひとくちに生命保険といっても
さまざまで、掛け金やプラン、対象年齢や特約などが
全くことなります。

 

 

一番言えることは、自分に合ったより必要なプランの
生命保険に加入することが一番お得です。

 

 

いくら安い掛け金でお得な感じがしても、自分に
必要のない特約や、自分が補償してほしい満額の
金額が補償されていないのであれば意味がありません。

 

 

まずは自分はどのような補償をしてほしいのか、
自分の死後に補償をしてほしい人物は誰なのかを
はっきりとさせておきます。

 

 

生命保険の保険料でお得になる支払方法がある!

 

 

生命保険 保険料 支払方法

 

 

その上で生命保険がお得になる方法として、
1つに一括払いがあります。

 

 

保険制度としては当たり前ですが、
たとえば保険料を年払いで支払いをすると、
保険料が割安になるのです。

 

 

その保険会社にもよりますが、一年分を
まとめて支払うと1ヶ月分が無料になる
というプランもあります。

 

 

同じく、支払いが可能なのであれば数年単位で
支払いをしてしまうとよりお得になります。

 

 

支払いの手間も省けますし、一括にすることで
手数料もかかる回数が減ってよりお得になります。

 

 

また、個人年金保険や介護保険に加入を
考えている人がいれば、生命保険に加入している
会社での加入をお勧めします。

 

 

生命保険の特約として個人年金などをつけると、
掛け金がやすくなりますし、オプションとなる
サービスもぐんと増えるのです。

 

 

保険控除を受けられる範囲も増えますので、
生命保険を主体としてほかの保険プランを
特約にすると非常にお得になる部分が増えるのです。

 

タグ : 

生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧