生命保険 加入

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険に加入すべきかしない方が良いか

生命保険 加入

生命保険は、日本の成人の約7割以上が加入していると
言われるもっともメジャーな保険プランです。

 

 

保険会社としても看板プランになりますので、
ほぼ全ての保険会社が生命保険を取り扱っています。

 

 

 

 

ゆえに、たくさん種類やプランがありすぎてどこの
保険会社で加入すればよいのかわからなくなって
しまうことも多いようです。

 

 

そこで、保険会社によってあるメリットやデメリットを
見ていくことで、より自分に合った生命保険に
加入することができます。

 

 

生命保険のメリットとは何か

 

 

生命保険 メリット

 

 

生命保険の一番のメリットは、やはり自分が
亡くなった後にまとまったお金を遺族に残す
ことができるという点です。

 

 

自分が亡くなった後にも養うべき家族がいる場合
などはとくに、生命保険に加入する場合が多いです。

 

 

ですので、生命保険加入のタイミングとすれば、
結婚したり子どもができたタイミングが
一番多いタイミングになります。

 

 

また、自分で仕事をするようになり収入ができると、
自分のことは自分責任を持ちたいと考え始めます。

 

 

自分の死後に、葬儀やお墓の用意などでお金がかかる
部分を生命保険で賄うという考え方もあるようです。

 

 

生命保険は、今は掛け捨てではないプランもあったり、
医療特約がつけられて亡くなった際だけではなく
怪我や病気になった時にも補償が受けられる
プランも増えています。

 

 

まだ医療保険などに加入していない場合や、
今の保険内容に満足していない場合には、
この特約が付いている生命保険がお勧めできます。

 

 

生命保険のデメリットって何?

 

 

生命保険 デメリット

 

 

逆にデメリットとすれば加入年齢や
病歴によって審査がされることです。

 

 

なぜデメリットなのかというと、例えば加入者が高齢で
あったりガンなどの特定の疾患を抱えている人、病気を
経験している人は審査によって加入ができない
場合もあるのです。

 

 

また、加入できたとしても掛け金が
他の人に比べて割高であることもあるようです。

 

 

保険を使うリスクが高い人が
このようなデメリットに遭遇するようです。

 

 

最近では、特定の疾患を持った人でも過去5年以内に
治療をしていなければ問題なく加入できたり、
70歳まで加入が可能な生命保険も多くあります。

 

 

ですので、これらも加味した上で自分が加入できる保険
よりお得で手厚い補償が受けられる
保険を選ぶことが大切です。

 

 

保険プランは、どれを取ってもメリットも
あればデメリットもあります。

 

 

その中でよりデメリットがすくなく、自分にメリットと
なる部分が多い保険を選ぶことで、自分の老後だけ
ではなく日々の生活も安心して過ごせる
ということになります。

 

タグ :  

生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧