生命保険 得する

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険の加入で得するには

生命保険 得する

生命保険に加入したいけれど、
どれが自分に合っているか、よくわからないと感じる
方は多いでしょう。

 

 

同じ入るのであれば、少しでもお得な
生命保険に入りたいものです。

 

 

 

 

どういう生命保険がお得と言える?

 

生命保険 お得

 

 

 

しかしどの生命保険がお得かというと、
これはケースバイケースです。

 

 

ある人には貯蓄型がよくても、別の人には掛け捨て型が
いいということもあるでしょう。

 

 

保険料だけで言えば、掛け捨て型の方がお得です。

 

 

しかし掛け捨て型は保障のみになっています。

 

 

そのため解約しても返戻金がほどんどありません。

 

 

また、あったとしても少額です。

 

 

貯蓄型は保険料が高いのですが、そのぶん返戻金は
多くなります。

 

 

ですから保険料をあまり払わず、保障のみで
十分という人、また一定期間だけ保障をつけたいと
いう人には、掛け捨て型の方がお得でしょう。

 

 

その一方で、保険料は高いけれど、解約時にそれなりの
返戻金を受け取りたいという人には、多少高くても、
貯蓄型の方がお得感があります。

 

 

特に貯蓄型の場合は、長期間保険料を払い込むことで
利率がアップするので、返戻金も保険料のトータルの
金額よりは多くなります。

 

 

特に、自分で預金をするよりも、保険料として
払い込んだ方がいいと考えている人の中には、
この方法が向いている人もいるでしょう。

 

 

もちろん、自分できちんと貯蓄をしているとか、
投資信託などでお金を運用している人の場合は、
掛け捨てだけの方がいいかもしれません。

 

 

生命保険は損得勘定で考えることが大事

 

 

生命保険 損得

 

 

今の自分に取ってどの生命保険がお得であるのか、
それを考えて選ぶようにしましょう。

 

 

もし自分だけではなかなかわからないという時には、
保険の無料相談などでアドバイスを受けるように
するといいでしょう。

 

 

それから、場合によっては両方加入しておいた方が
いい場合もあります。

 

 

たとえば30代くらいで子供がまだ小さく、もしもという
時のために、保障をできるだけつけておきたい場合は、
貯蓄型と掛け捨て型、両方の生命保険の
ダブル加入もできます。

 

 

子供がある程度成長した時を見計らって、
掛け捨て型を解除すればいいのです。

 

 

掛け捨て型は保険料もそう高くありませんので、
たとえば10年間だけ加入しておくと、
保障の対象にはなります。

 

 

解約後は貯蓄型一本にすればいいのです。

 

 

しかし掛け捨て型で気をつけておきたいのは、
自動更新があることです。

 

 

自動更新をそのままにしておくと、
保障内容は変わらないのに、
保険料だけが上がってしまいます。

 

 

本来お得なはずの掛け捨て型が、お得でなくなることも
ありますので、その点には十分に
気をつけるようにしましょう。

 

タグ :  

生命保険の見直し 生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧