生命保険 加入 タイミング

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険の加入タイミング|ベスト・タイミングは?

生命保険 加入 タイミング

生命保険は、主には自分が亡くなった際に、
遺族にお金を残すために入る保険です。

 

 

生命保険 加入 タイミング

 

自分の死亡時に、葬儀やお墓の準備もありますので、
人間は亡くなった後でもお金がかかるものです。

 

 

そのため、その際の資金を残すために、
生命保険に加入するという人もいるようです。

 

 

さらには、配偶者や子どもがいるひとならば、
自分が亡くなった後に扶養家族が、

 

生命保険 加入 タイミング

 

しばらく困らずにゆっくりと生活を立て直せるために、
ということで加入する人がほとんどです。

 

 

ですので、生命保険の加入は、
社会人になったタイミングや、
結婚、子どもができたタイミングが多いようです。

 

 

生命保険の支払い|受け継を早く!

 

 

また、幼少期から何かあった時のためにということで、
親が払ってる生命保険もあるようです。

 

生命保険 支払い 受け継

 

子どもが入っている保険は学資保険が主流ですが、
生命保険でも医療特約があったりしますので、
いざという時のために加入している場合もあります。

 

 

このような際には、
成人をしたら親が払ってる分を受け継いで、
自分が支払いをするということがほとんどです。

 

生命保険 支払い 受け継

 

成人をしても親が払ってるという人も、
いるかもしれませんが、状況によっては、
早く切り替えをする必要がある場合もあります。

 

 

そもそも自分に収入ができた時点で、
保険も自分で支払うべきではあります。

 

 

ただ、それぞれの家庭の事情もあって、
切り替えが難しい場合もあるかと思います。

 

 

生命保険の受取人|切り替えと一緒に、内容見直しを!

 

生命保険 受取人 切り替え

 

しかし、もしも自分が結婚をしたり、
子どもができた場合には、
切り替えをしなくてはなりません。

 

 

なぜならば、親が払ってる生命保険というのは、
受取人が親であることがほとんどだからです。

 

 

未婚で子供もいなければ、扶養しなければならない、
家族もまだいない様でしたら、
が親で良いかもしれません。

 

生命保険 受取人 切り替え

 

ただし、配偶者や子どもができた場合、
自分に何かあったら、
路頭に迷ってしまう人がいるのです。

 

 

にもかかわらず、受取人を変えずに親にしていれば、
残された配偶者や子どもは
困ってしまうことになります。

 

生命保険 受取人 切り替え

 

ですので、一般的には親が払っている生命保険を、
契約者も受取人も切り替えをするタイミングは、
成人した時もしくは扶養家族ができた時が多いです。

 

 

やはり自分に収入ができた時点で切り替えをすると、
あとあと急いで手続きをする必要もなくなります。

 

 

また、幼少期から入っている生命保険内容と、
社会人になってからの生命保険内容とでは、
求めるプランが違う場合もあります。

 

 

ですので、切り替えをするのであれば、一緒に、
生命保険自体の見直しをすることもおすすめします。

 

生命保険 受取人 切り替え

 

家族分も加入を考えるのであれば、見直しをして、
別の生命保険に加入するほうが手厚い補償が受けられ、
保険料も割安になることもあるのです。

 

タグ :  

生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧