生命保険 掛け捨て 損

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険の掛け捨ては本当に損なの?

生命保険 掛け捨て 損

生命保険は、
保険会社の看板プランの1つで、
ほぼ全ての保険会社が生命保険を取り扱っています。

 

 

現在では、
成人のおよそ8割が
生命保険に加入していると言われています。

 

 

生命保険に加入するタイミングとすれば、
1つには社会人になったタイミングです。

 

 

自分で自分の責任を取れるようになり、
自分で収入が得られるようになったときに
加入を考えるようです。

 

 

もう1つは、
結婚をしたり子どもができた場合です。

 

 

自分が亡くなった後にも、
しばらくの期間養わなくてはならない
扶養家族ができた場合にも、
生命保険に加入しようと考えるのです。

 

 

生命保険は、
自分が亡くなったあとでも
遺族が生活を立て直すまでに
満足な生活ができるようにと
まとまったお金を補償してくれる保険プランです。

 

 

また、
人間は亡くなった後にでも
葬儀やお墓の用意などでお金がかかります。

 

 

その際に遺族に迷惑をかけたくないということで、
死後のお金くらいは自分でまかないたいという人が、
生命保険でお金を残す場合もあるようです。

 

 

生命保険の選び方のポイントとは?

 

 

この様に、
用途もさまざまな生命保険は、
保険プランも多種多様であるようです。

 

生命保険 選び方

 

ひとくちに生命保険といっても、
保険料や掛け金、
加入年齢や加入期間など人によって千差万別です。

 

 

ですので、
自分に合った生命保険を見つけるのは
種類が多すぎてなかなか難しいと言われています。

 

 

生命保険に加入することを考える上で、
1つポイントとなるのは
掛け捨てか掛け捨てでないかという部分だと思います。

 

 

なんとなくのイメージですが、
保険料が掛け捨ての保険は
損をしている気分になるかと思います。

 

 

せっかく払った保険料も、
何事もなければ返ってくることはないからです。

 

 

ただし、
少し見方をかえると
掛け捨ての生命保険の方がお得な部分もあるのです。

 

 

掛け捨ての生命保険のメリットとは?

 

 

例えば、
掛け捨ての生命保険は
そもそもの保険料が割安なことが多いです。

 

掛け捨て 生命保険 メリット

 

また、
生命保険などは特に、
加入の審査が比較的厳しいです。

 

 

加入時の年齢や既往歴などは特に重視されます。

 

 

大きな病気を経験した人であると
加入が制限されることも珍しくはありません。

 

 

また、
高齢になればなるほど加入は難しくなり、
加入できたとしても
支払い額が割高である場合が多いのです。

 

 

その点、
掛け捨ての生命保険は加入への審査も比較的簡単で、
年齢による保険料の増額も少なく済むのです。

 

 

そのように、
場面や人によっては掛け捨ての生命保険の方が
扱いやすくお得であることも多いのです。

 

 

まずは自分の加入の条件をまとめ、
その条件にあう保険プランの中で
自分にとってよりお得なプランを
見つけることが大切です。

 

タグ :  

生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧