生命保険 選び方

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険の選び方で大切なことって何?!

生命保険 選び方

生命保険は、
自分が亡くなった場合に
扶養家族が生活を立て直すまでに
満足な暮らしができるようにということで
加入をする人が多い保険です。

 

 

他にも、
自分の葬儀やお墓くらいは
自分で用意したいと考えて、
お金を残す方法として
生命保険を利用する場合もあるようです。

 

 

一口に生命保険といっても、
各保険会社はほとんどが
生命保険を取り扱っていますし、
保険会社のプランの大黒柱のようなものですので、
会社によってもプランは全く違いますし
種類も多くどれに加入すればよいか
迷ってしまいます。

 

 

生命保険の加入のタイミングっていつがいいの?

 

 

まず自分はどのような用途で
生命保険の加入をしたいのかを
はっきりとさせます。

 

生命保険 加入

 

第1に、
自分の家族構成や養うべき人の有無です。

 

 

生命保険に加入する
タイミングとして一番多いのは、
扶養すべき家族ができたときです。

 

 

自分が亡くなった際に
困るひとができたときということになります。

 

 

また、
まだ扶養家族はいないけれども、
学校を卒業して自分で収入ができたタイミングで
加入を考える人も続いて多いです。

 

 

いずれの場合も、
保険プラン全般的に言えるのは
加入が早い方が保険金が安いということです。

 

 

これらのことからも、
早いうちに生命保険を加入する人が増えています。

 

 

生命保険は扶養家族の有無で考えよう!

 

 

扶養家族がおらず、
受取人を親にしている場合は
選び方としては生命保険としてのプランは
比較的割安なもので良いかと思われます。

 

生命保険 扶養家族

 

親にお金を残したいという場合は別ですが、
親はまだ現役で仕事をしていて特に心配はないが、
加入時に特に決まった受取人もいないから
とりあえず親にと設定する場合もよくあります。

 

 

そのような場合には、
死亡後の補償を手厚くするよりも、
自分が生きているうちに必要な医療保険や
自動車保険などを手厚くしておいた方が良いです。

 

 

選び方がいまいち分からない場合には、
医療特約などがついた生命保険を選ぶとよいです。

 

 

そして、
割合を生命保険よりも医療保険寄りにすることで、
まずは自分が生存時の補償を手厚くすることができます。

 

 

逆に、
結婚して子どももいる場合には、
選び方としては生命保険を強くすることがおすすめです。

 

 

自分が亡くなったときに、
金銭面で生活に困ることがあってはならないと
思う人物がいるのであれば、
その人たちの生活を
補償できるようにしておく必要があります。

 

 

生命保険がおりれば、
まず数年は安定した生活ができて、
新しい生活リズムを作る期間が与えられます。

 

 

扶養家族ができた場合には、
自分の死後を考えた
保険の選び方をする必要があります。

 

タグ :  

生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧