生命保険 加入 タイミング

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険へ加入するタイミングとは

生命保険 加入 タイミング

生命保険は、自分が亡くなった後に遺族が生活を
立て直すまでに満足な生活をして行くために
まとまったお金を残すための保険プランです。

 

 

加入のタイミングとしては、
大きく分けるとふたパターンあります。

 

 

 

 

生命保険へ加入したい2つのタイミング

 

 

生命保険 加入 タイミング

 

 

1つは、自分が成人して仕事をし
収入が得られるようになったときです。

 

 

つまり、自分で自分の責任が持てるように
なった時ということです。

 

 

人間は亡くなった後にでも葬儀やお墓の用意
などでお金がかかります。

 

 

そのお金くらいは自分でまかないたいと
いう人もいるのです。

 

 

そのような場合には未婚でも
生命保険に加入する人がいます。

 

 

受取人は主に自分の親だという場合が多いです。

 

 

ようは、自分の死後の世話をしてくれる人
ということになります。

 

 

2つ目は、結婚したり子どもができたタイミングです。

 

 

これは、生命保険の大きな用途でもある遺族の生活を
まかなうという面で、結婚をしたり子どもができると
扶養すべき家族ができます。

 

 

自分がいなくなった後にも満足な生活をしてもらう
ためにも、生命保険でまとまったお金を用意して
おくことを考えるようです。

 

 

生命保険にもデメリットがある?

 

 

 

 

生命保険は、いろいろと用途があってメリットの多い
保険ですが、逆にデメリットとなる部分も
もちろんあります。

 

 

例えば、デメリットとして生命保険の場合は命が
亡くなった場合に使うことがほとんどの保険ですので、
高齢者や病気を持っている人は掛け金が高くなったり
加入自体ができない場合があるのです。

 

 

リスクが高い、保険を換金に使う可能性が高いと
されるひとがこのように保険に入りにくかったりする
場合が出てくるようです。

 

 

人間は、今健康でも何があるかわからないものです。

 

 

身体は健康でも、交通事故などで急に命を
落としてしまうことだってあり得ます。

 

 

逆に、病気だと診察では言われても以後症状も
出ずに元気でいる場合もあるのです。

 

 

いずれにせよ、人間いつかは亡くなるものですから
より健康なうちに、より若いうちに加入しておくことが
加入もしやすいですし掛け金も安くて加入できます。

 

 

また、他にも受取人が限られていると
いうデメリットもあります。

 

 

生命保険の受取人は、2親等までと決められています。

 

 

2親等までというと、両親、祖父母、子ども、孫、
配偶者ということになります。

 

 

これらがすでに亡くなっている場合や、老後や病気の
際の世話をしてくれた人が別の人だった場合、それらの
人に生命保険の受け取りをしてほしいという人も
いるかと思います。

 

 

そのような場合には、受取人を自分にしておいて、
遺産相続の際に遺言などでその旨を書き記して
おかなければ、法定相続人が相続する形になってしまう
というデメリットがあります。

 

タグ : 

生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧