生命保険料控除

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険と解約返戻金の関係について考えてみましょう

生命保険 解約返戻金 関係

生命保険に加入していて、

もし途中で解約した場合には、

それまで払った保険料はどうなってしまうのでしょうか。

 

 

その時には、

保険会社から解約返戻金というお金が支払われます。

 

 

解約返戻金は、

会社によっては解約払戻金と呼ばれることもあります。

 

 

解約した時に貰えるのだから、

今まで払って来た分がすべて戻るのかというと、

実はそうではありません。

 

 

また、

加入している生命保険のタイプや解約の時期によって、

解約返戻金が極めて少ない、

或いは殆どないというケースもあります。

 

 

なので、

もし解約したい場合は、

そういった点を把握してからにしましょう。

 

 

積立型の生命保険は解約返戻金が多い?

 

 

一般に積立型の生命保険の場合は、

解約返戻金が多くなっています。

 

積立型 生命保険 解約返戻金

 

とはいっても、

もちろん全額が戻ってくるのではなく、

生存保険料と運用利益のみが戻ってくることになります。

 

 

他の部分、

例えば付加保険料や死亡保険料は、

解約返戻金に加算されることはありません。

 

 

前者は元々掛け捨ての部分であり、

死亡保険料は死亡時に払われるものですので、

途中解約した場合は関係がないからです。

 

 

終身保険や子ども保険、

養老保険などがこれに該当します。

 

 

そして掛け捨て型の保険の場合は、

死亡保険料と付加保険料とで成り立っています。

 

 

途中で解約すると返戻金は少ない?

 

 

途中解約した場合、

このうちの死亡保険はもちろん受け取れませんし、

付加保険料も経費となりますので、

解約返戻金がかなり少なめです。

 

途中 解約 返戻金

 

定期保険や医療保険、

或いは収入保障タイプの保険などがこれに相当します。

 

 

また解約返戻金を多く貰える保険であっても、

解約時期によっては、

あまり見返りがないということもあります。

 

 

解約する時期が早ければ早いほど、

解約返戻金は少なくなります。

 

 

場合によっては、

それまで払った保険料の元も取れない、

いわゆる元本割れしてしまうこともあります。

 

 

本当は契約期間いっぱいまで払うのが前提であるため、

できれば満期まで待った方が得策と言えます。

 

 

返戻金もある手頃な保険料の生命保険がお勧めです

 

 

しかし、

より自分の理想に近い保険が見つかったとか、

或いは経済面での理由などで、

解約しなければならない時もあります。

 

返戻金 保険料 生命保険

 

そのような場合は、

保障期間を短くして、

満期を早くするという方法もあります。

 

 

また解約返戻金が少ないタイプでも、

満期を迎えればほぼ通常通りの解約返戻金を受け取れ、

保険料そのものもさほど高くない物もあります。

 

 

途中解約さえしなければ、

そこそこの返戻金が受け取れて、

保険料もお手頃な生命保険が多いのです。

 

 

なので、

初めての生命保険への加入を考えている人には、

このタイプがお勧めです。

 

タグ :   

生命保険の解約返戻金 生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧