生命保険 解約 返戻金

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険を解約した時の返戻金をきちんと受け取るために

生命保険 解約 返戻金

生命保険に加入していたけれど、

経済的な事情とか、

或いは他の会社の保険に加入したいなどの理由で、

解約することがあります。

 

 

この時には、

解約返戻金を受け取ることができます。

 

 

ただし気をつけておきたいのは、

返戻金を受け取ることができる生命保険と、

そうでないものがあるということです。

 

 

返戻金を受け取れる生命保険のタイプとしては、

終身保険と養老保険があります。

 

 

終身保険の場合は、

短期間で払い込みを終わらせてしまい、

その後解約すると、

多額の返戻金を受け取ることができます。

 

 

このため、

資産運用に利用することもできます。

 

 

定期保険などの掛け捨て型は返戻金がない?

 

 

また養老保険ですが、

これは満期まで保険料を払ってその後解約することで、

返戻金と満期給付金を受け取ることができます。

 

定期保険 掛け捨て 返戻金

 

ただし現在は、

養老保険よりは終身保険の方が色々な面で優れています。

 

 

更に生命保険には定期保険があります。

 

 

これは掛け捨てタイプなので、

返戻金はまず望めないといって良いでしょう。

 

 

しかし定期保険にも、

70パーセント程度の返戻金が発生する物も、

あるにはあります。

 

 

その代わり、

このタイプは保険料がかなり高くなってしまいます。

 

 

元々定期保険の場合は、

お手頃な保険料で大きな保障が売り物ですので、

途中解約はあまり好ましくないと言えます。

 

 

払い込み期間中の解約は返戻金が少ない?!

 

 

また返戻金を受け取れる場合でも、

払い込み期間中に解約するのは禁物です。

 

払い込み期間 解約 返戻金

 

この場合の返戻金は、

それまでコツコツ支払って来た保険料よりも、

かなり安くなってしまうからです。

 

 

払い込みが、

全て終わってから解約するようにしましょう。

 

 

しかしお金が足りないなどの理由で、

解約を検討せざるを得ない場合もあります。

 

 

そのような時には保険料を減額したり、

或いは保険の種類を変更してみましょう。

 

 

また返戻金で、

保険料を補填するなどの方法を取ることもできます。

 

 

しかしこういう方法を取ると、

当初予定していた返戻金は望めなくなりますので、

その点に注意してください。

 

 

解約時の返戻金に税金がかかることも?!

 

 

そして解約時の返戻金には、

税金がかかることもあります。

 

 

解約 返戻金 税金

 

ただ返戻金が50万円以下の場合、

それから返戻率が100パーセントに満たない場合は、

まずかからないと思って良いです。

 

 

しかし、

契約者と受取人が異なる場合は、

その受取人に対して贈与税がかかりますので、

こういう点にも気をつけましょう。

 

 

もっともこの贈与税は、

1年につき110万円までであれば非課税になります。

 

 

また一部の保険では、

返戻金が源泉分離課税の対象です。

 

 

これは一時払いの保険が殆どで、

20パーセントの税金がかかり、

返戻金はその分を引いた額となります。

 

タグ :   

生命保険の解約返戻金 生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧