生命保険 保険金 受取人

そうだ、生命保険を勉強しよう!

【生命保険】保険金の受取人を指定することについて考える

生命保険に加入をする時には当然ですが、
保険金の受取人を指定することになります。

 

 

それは当然ながら、
自分を指定することはできません。

 

 

自分の命に関わることになりますので、
これはよく理解しておきしまょう。

 

 

保険金の受取人を誰にするのかで。
色々と大きく変わってきます。

 

 

特に言えることは税金面です。

 

 

税金部分において、
受取人がとても大きく関係してきます。

 

 

生命保険は、
誰でも保険金受取人に指定することができる、
という訳ではありません。

 

 

不正を防ぐために一定の制限がありますので、
これも知っておく価値はあるでしょう。

 

 

保険金の受取人は複数の人を指定できる?

 

 

例えば、
基本的に配偶者または二親等以内の血族、
ということになっています。

 

保険金 受取人 複数

 

そして、
保険金の受取人には、
複数の人を指定することもできるようになっています。

 

 

どうしてそんなことをするのかと言えば、
例えば子供などが複数いる場合は、
どうしても一人にという訳にはいかないですよね。

 

 

その為、
子供が複数人の場合には、
ちゃんと指定することができるようになっています。

 

 

通常はこの人には何%、
といった指定の仕方になります。

 

 

複数人いるから平等に均等でないといけない、
という訳ではありませんので、
それは細かく指定することができるのです。

 

 

そもそも基本的に生命保険というのは、
誰かに遺すために加入することになります。

 

 

ですので、
しっかりと誰に遺産として遺す必要性があるのか、
ということをよく考えて受取人を決めることです。

 

 

生命保険は遺す家族がいなければ加入するメリットなし?

 

 

普通は伴侶、
或いは子供が受取人になるでしょう。

 

生命保険 家族 加入 メリット

 

複数人にバランスよく配分することもありますし、
多少なりとも差をつけることもあります。

 

 

このあたりは個人的にどうするべきであるのか、
ということが重要であると言えるでしょう。

 

 

生命保険というのは、
自分の命に対してリスクがある場合において、
加入する価値があるのです。

 

 

極端な話しだと家族がいないのであれば、
加入するメリットはないのです。

 

 

ですので、
そこのでまずはよく考えてるみると良いでしょう。

 

 

生命保険は全て自分のためになる、
という訳ではありませんので、
なかなか度合いを考えることも難しいものですね。

 

 

また生命保険は税金的なメリットもありますので、
そうした意味においてもお勧めです。

 

 

しかし、
これはあくまで副次的なメリットで、
まずメインは死亡保険金です。

 

タグ :

生命保険の受取人 生命保険の見直し 生命保険の選び方 生命保険料控除 相続税を少しでも節約する生命保険の活用法

この記事に関連する記事一覧