生命保険 受取人 複数

そうだ、生命保険を勉強しよう!

【生命保険を考える】受取人は複数の人を指定することってあるのだろうか?

生命保険 受取人 複数

生命保険には色々と考えることがありますね。

 

 

そもそも何に加入したら良いのかだけでも、、
相当に考える必要性があると言えるでしょう。

 

 

そして、
もう一つ考えることがあります。

 

 

それは受取人です。

 

 

生命保険とは当然ですが、
自分が死んでからのことになります。

 

 

まず自分が受取人になることはありえませんので、
誰か他の人を指定する必要があります。

 

 

そこで大事なのは「誰にするのか」です。

 

 

通常は生命保険の場合ですと、
血族或いは伴侶ということになります。

 

 

血縁があってもあまり遠い場合は、
不正の疑いがあるので駄目になることもあります。

 

 

妻とか親、
或いは子供ということであれば、
それについてはほぼ気にしないで大丈夫でしょう。

 

 

受取人に複数指定して配分を決めることができます

 

 

この受取人なのですが、
実は複数の人を指定することもできます。

 

受取人 複数 配分

 

つまりは、
妻と子供達を受取人にするということができるのです。

 

 

子供が複数いる場合に、
分けてやることができるようになっているのです。

 

 

これはそれぞれに何%という指定が、
できるようになっていますので覚えておきましょう。

 

 

つまりは長子に70%、
次子が30%というように、、
こうした配分を決めることができるのです。

 

 

生命保険には、
他にも考えることがいくつもあります

 

 

特に言えるのが、
どんな風に備えるのかということです。

 

 

貯蓄性があるものもありますし、
それがまったく無いものもあったりします。

 

 

ですので、
どの生命保険にするかということは、
かなり重要になってくるのは間違いありません。

 

 

それにはとにかく情報を集めることが求められます。

 

 

情報を集めることができれば、
それだけ比較がしやすくなるのです。

 

 

生命保険は遺産相続としても節税効果があります

 

 

また、
複数人の受取人をどうするのかといったことなども、
キチンと考えておくことも大切です。

 

生命保険 遺産相続 節税効果

 

もちろん、
受取人が単独ならば気にすることはありません。

 

 

しかし、
複数人の場合は、
どうしても配分を決めるということが重要になります。

 

 

そして、
この配分で揉めることもありますので、
覚悟しておきましょう。

 

 

生命保険は、
実は遺産相続においても、
節税効果があることの一つになります。

 

 

なので、
これについては良いことではありますが、
それだけが目当てという人は多くはありません。

 

 

やはりメインとなるのは間違いなく、
自分の死後において守る必要性がある人たちに、
少しでもお金を遺すことでしょう。

 

 

そこが生命保険の、
最も大事な要素になっていることは確かです。

 

タグ :  

生命保険の受取人 生命保険の見直し 生命保険の選び方 相続税を少しでも節約する生命保険の活用法

この記事に関連する記事一覧