生命保険 控除証明書

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険料控除証明書に関するQ&A

生命保険 控除証明書

生命保険に加入しているけど、年末調整のとき、
親が払ってる場合はどういった手続きになるのか、
知りたいという方も多いはずです。

 

 

生命保険 控除証明書

 

その場合、重要になるのは生命保険の契約者は、
誰かという部分は非常に大切になるため、
しっかりと確認しておくことは大切です。

 

 

保険契約者が親に担っている場合は、親の方へ、
生命保険控除証明書が送付されますので、
それで手続きを行うことになります。

 

 

また、契約者がお子さんで、
保険料は親が払ってる場合は、
支払っている親の方で手続きを行うか、

 

生命保険 控除証明書

 

お子さんの方で年末調整時に手続きを行うなど、
様々です。基本的に保険料を親が払ってる場合、
親が手続き出来る事を、認識しておきましょう。

 

 

お子さんが社会人になったとき、親から子供へ保険を、
譲り渡すケースも多く、しっかりと手続きを行うことで、
控除手続きもお子さんの方で出来るようになります。

 

 

生命保険での資産運用のコツ|資産運用の必要性

生命保険 資産

 

今まで加入していた生命保険をお子さんへ引渡す場合、
保険料を親が払ってる場合は、
きちんと口座の設定など行うことが必要になります。

 

 

生命保険は、資産になりますし、
お子さんが若い頃から加入していると、
保険料も安いです。

 

生命保険 資産

 

お子さんにとってはかなりお得な保険料で、
一生涯の保障を確保することができます。

 

 

親が払ってる場合、やはりお子さん方の将来のことを、
考慮して手続きを行う事は何よりありがたい事ですし、
親心としてお子さんもしっかり受け止めるべきです。

 

 

生命保険の、終身保険は資産になり、
お金が急に必要になったときは、
借り入れすることもできます。

 

 

銀行からお金を借りるより、生命保険から借り入ると、
金利も低く、今まで支払った保険料に対して、
限度額まで借り入れすることができます。

 

生命保険 資産

 

返済が厳しい場合には、生命保険を受け取る際に、
相殺された金額にて受け取ることができるので、
やりくりも上手にできます。

 

 

将来への準備を、
早い段階から行っておくことは何より大切です。

 

 

生命保険の契約者・受取人を見直す

 

生命保険 資産

 

生命保険を親が払ってるというケースは多々あるため、
早い段階からお子さんへ渡すなど、
色々と手続きを始めておくことは必要になります。

 

 

上手に活用することでお金のやりくりができますし、
なかなか便利になります。

 

 

保険を続ける場合に気をつけておくことは、
契約者、受取人が誰になっているか
確認しておきましょう。

 

生命保険 資産

 

変更が必要な場合は、きちんと変更し、
色々と保障内容を確認した上で口座設定など、
変更する手続きも含め、きちんと行うべきです。

 

タグ :  

生命保険料控除

この記事に関連する記事一覧