生命保険 支払い 親

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険の支払い|親が支払っている。

生命保険 支払い 親

主人の生命保険は主人の親が払ってる。と、
聞いたのは結婚して間もない頃でした。

 

 

自分の生命保険の受取人を主人に変更するのを、
きっかけに、生命保険をどうしているのか、
聞いたところ「親が払っている」と。

 

生命保険 支払い 親

 

主人の親戚に保険代理店をしている人がいるので、
義母が自分の保険に加入しているので、
自分では生命保険に入っていないということでした。

 

 

義母に確認したところ、確かに主人の生命保険に
加入していて、支払いも自分がしている。

 

 

このまま親が払ってる状態に、
しておいてもいいよと言ってくれました。

 

 

でも、社会人だし、結婚したし、
自分たちで生計を立てていかないといけないと
思ったのでこっちで引き取りたいと相談しました。

 

生命保険 支払い 親

 

すると、勝手にやってしまっていることだし、
もし自分が亡くなった時に何も残せないかもしれない。

 

 

 

だから、生命保険ぐらいはまだ支払いができるから、
このままにさせて欲しいと言いました。

 

 

生命保険の支払い|親から引き継

 

 

でも、やはり生命保険の支払いを親が払ってると、
大きな声では言えない年齢だったので、
結構強引でしたが、こちらで引き取ることにしました。

 

生命保険 支払い 親

 

保険の内容を確認しないで引き取ってしまったので、
渡された証書を見て驚きました。

 

 

かなり高額の保険に入っていたのです。

 

 

正直、親が払っている状態のままにしておいた方が、
家計は裕福だったかもしれません。

 

 

年払いで契約していたのですが、
合計で40万程の保険がありまいた。

 

 

こんな高額な保険に加入させた親戚の方もどうか、
と思いますが、そんな高額な保険料を毎年毎年、
支払っていたと思うと、とても申し訳なかったです。

 

 

主人はそういう関係に全く興味がなく、
また、義母も生命保険に加入する時に
相談することもしなかったようなので、

 

 

これがどういう保険なのか、本当に必要なのか、
有利な保険なのかを誰も知らない状態でした。
かなり無駄があったように思います。

 

 

こちらで引き取るとは言っても、
契約者は主人の名前になっていたので、
支払いを自分たちでやるというだけの引き取りでした。

 

 

なので金額だけが先に明確になり、
内容があとから明らかになったので、この後、
この保険をどうするかを決めるのがとても大変でした。

 

 

金額が高額だったこともあり、結局保険を相談できる
窓口を予約して金額と内容が、今の生活内容にマッチし、
見合っているのかなどを判定してもらいました。

 

生命保険 支払い 親

 

結果、その中には貯蓄性が高い保険があったので、
全部が全部無駄なものではなかったですが、定期と言う、
掛け捨ての部分の保障が異常に大きいものがありました。

 

 

きっと、保険代理店をやっている親戚が
自分の成績のためにつけてきたんだろうと思います。

 

 

親戚だから、付き合いだからで加入した
生命保険で親が払ってるものでした。

 

生命保険 支払い 親

 

しかし、引き継ごうとするときは、
こういうこともあるので、きちんと内容を、
確認して判断するのがいいと思います。

 

タグ :

生命保険の見直し

この記事に関連する記事一覧