生命保険 契約者 変更

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険|契約者の変更した時の問題点は?

生命保険 受取人 税金

生命保険料は親が払ってるという方も沢山います。

 

生命保険 契約者 変更

 

 

特にお子さんが学生の頃から加入している場合、
社会人になってもそのまま親が払ってるという、
ケースも多く、

 

 

 

どの時点かで、
お子さんへ生命保険を譲り渡すことになります。

 

生命保険 契約者 変更

 

その際、契約者が親になっている場合は、
契約者の変更を行うことになります。

 

 

また気をつけるべき点として、
受け取り人の確認は必要になります。

 

生命保険 契約者 変更

 

受け取り人が親になっていることも多いため、
譲り受けたお子さんが結婚して家庭を持った場合、
受け取り人は奥さまになるケースが多いです。

 

 

生命保険の口座|引き落とし口座の注意点。

 

生命保険 口座

 

生命保険を親が払っているケースは、譲り受ける場合は、
注意が必要になるため、きちんと契約者や受け取り人、
口座の設定などきちんと行うことは必要になります。

 

生命保険 口座

 

口座の設定もミスがないよう、
前もって口座設定日を確認して、
きちんと残高があるか、確認しておくことが必要です。

 

 

万が一、保険料の引き落としができない場合、
翌月には2ヶ月分の引き落としをすることになります。

 

 

ですが、この2ヶ月分の引き落としができないと、
保険は失効してしまいます。

 

生命保険 口座

 

毎月きちんと引き落としができるよう口座にはきちんと、
お金が入っている状態をキープすることは大切ですし、
まめにチェックすべき点になります。

 

 

生命保険料控除証明書について

 

生命保険 控除証明書

 

生命保険は年末調整時期には、控除証明書など、
加入している保険会社から郵送されるので、
それを使って手続きすることになります。

 

 

控除証明書は、契約者あてに送付されるので、
契約者の方が使用することになりますが、保険料を
親が払ってる場合は親の方で使用することになります。

 

 

保険料を支払っている方が控除を受けることになり、
その場合は保険料の引き落としの、
銀行口座を添付することになります。

 

生命保険 控除証明書

 

きちんと手続きを行うことが、
何より大切になるため、年末調整の際には、
きちんと控除手続きを行うことが大切です。

 

 

生命保険|健康状態は、加入時の告知義務

 

生命保険 健康状態

 

生命保険は将来的に資産になるため、
早いうちから加入しておくことは大切です。

 

 

また、健康な時に加入する必要があり、
告知欄へご自身の健康状態を記載するなど、
色々と手続きが必要になります。

 

生命保険 健康状態

 

審査などもあるため、
その辺はきちんと正しい情報を、
提供することが重要になります。

 

 

生命保険を親が払ってる場合は、注意点があるため、
その辺はきちんと認識しておかねばなりませんし、
受け取り人など確認が必要になります。

 

生命保険 健康状態

 

生命保険は万が一の備えになりますし、
将来的な資産になるため、
きちんと準備しておくことが何より大切になります。

 

タグ :   

生命保険の見直し

この記事に関連する記事一覧