生命保険 子ども 支払

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険|子供のために親が支払う契約はご注意下さい

生命保険 子ども 支払

生命保険を親が払ってる家庭が多いと聞きます。
それはなぜなのでしょうか。

 

 

生命保険 子ども 支払

 

子どもが高校を卒業してすぐ就職をした場合は、
子供の収入から生命保険を支払うことが、
一般的だと思います。

 

 

高校卒業してから大学や短大などなんらかの形で、
進学した場合はまだ子供に収入がないのでそのような、
場合は生命保険を支払っていかなくてはなりません。

 

 

生命保険は自分自身の事ですから、
生命保険やその他の保険を親が払ってると、
今後自分に影響が及んでいきます。

 

生命保険 子ども 支払

 

できるだけ自分のことは、自分で支払いが、
できるようにしておいたほうが良いですよね。

 

 

さらに自分で収入がある方は自分の名義で、
支払いができると今後、家庭ができるとなったとき、
今の状況や将来的なことが想像つくと思います。

 

 

生命保険を家族で団体としての加入している場合、
生命保険の支払いを親が支払っていることもあります。

 

生命保険 子ども 支払

 

このような場合、子ども側に収入が一定に頂けるように、
なったときに子供の名前だけ個人にして、
生命保険を自分で支払わせるという方法もあります。

 

 

まだ子供に収入がない場合は一定の収入ができるまで、
親が生命保険を支払ってあげるということは、
それでよいかと感じます。

 

 

いつまでも親に頼りっぱなしだったり、
親が子供のことをなんでもしてあげることは、
教育上あまり良くありません。

 

生命保険 子ども 支払

 

二十歳を過ぎ、実家にそのまま暮らしていたとしても、
生命保険やその他の支払い、自分に関係のあるものは、
自分で支払うという責任を持たせることも大切です。

 

 

生命保険は今後のことを考えて、
万が一のためを備えて支払っています。

 

 

生命保険や保険についてしっかりと、
意味や何のために支払っているのかしっかりと、
子供に理解させることも必要です。

 

生命保険 子ども 支払

 

生命保険を親が払っていると、仮に親に収入が、
なくなってしまった際、生命保険の支払いが困難になり、
自分で支払うことも考えておかなければなりません。

 

 

親が払ってると子供も将来困ります。
自分の一生の事です。責任をもって支払いをさせる
ように保護者側もしなければなりません。

 

 

いつまでも親が支払うのは、
親自身にも影響を及ぼしてしまいます。

 

生命保険 子ども 支払

 

できるだけ一定の収入がある状態になったら、
しっかりと責任を持たせたり、保険についての説明を、
したりなにかと手段を作るようにしてあげましょう。

 

 

難しいことではありませんので、
しっかりと説明をしてあげたり、

 

 

もしくは保険会社の方に説明をしてもらったり、
するだけで子ども側も保険について、
理解が出てくるかと思います。

 

 

親が払ってるのはあまりよくありません。

 

タグ :

生命保険の見直し

この記事に関連する記事一覧