生命保険 必要

そうだ、生命保険を勉強しよう!

あなたが加入している生命保険、本当に必要?

生命保険 必要

何かあった時のために・・と考えて生命保険に
なんとなく加入している人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

ただ、毎月高い保険料を払っていて、ほんとに
必要なのだろうか・・?と考えてしまうことも
あると思います。

 

 

生命保険はほんとに必要なのか、
デメリットはないのだろうかと思い調べてみました。

 

 

生命保険は不要?医療費は自己負担である程度賄える!

 

 

生命保険 不要

 

 

特に医療保険としても使える終身医療保険
などに入っている方も多いでしょう。

 

 

でも、終身タイプの医療保険の場合、支払った額が
どれだけ戻ってくるかを表す還元率は75%程度だそうです。

 

 

つまり、払った保険金より戻ってくる金額が少ないので、
もし貯蓄などでまかなえる場合は手厚い医療保障のために
高い保険料を支払うのはデメリットだといえます。

 

 

とはいえ、若い方など貯蓄が少なくて
不安な人も多いと思います。

 

 

しかし、公的健康保険による「高額療養費制度」
という制度があります。

 

 

一般的な収入の現役世代なら1カ月に何十万円の医療費が
かかったとしても、自己負担は8万~9万円程度で、
それ以上は免除されます。

 

 

ちなみに、35~36歳における退院患者の平均在院日数は
全傷病で約30日、脳梗塞など脳血管疾患だと約60日、
高額療養費制度を使うなら、18万円の貯蓄が
あれば、それで十分ということになります。

 

 

生命保険が不要な人がいることも知っておこう

 

 

生命保険 不要

 

 

また会社には、病気やケガで会社を休んだ場合に
1日につき被保険者の標準日額3分の2に相当する金額が
「傷病手当金」として、最長1年6カ月は受け取れます。

 

 

このことから考えると、必ずしも民間の保険に
入る必要がないことがわかります。

 

 

また家族がいる方だと、遺族年金がでて生活は
保障されるので生命保険に入るのはデメリットと
いう考え方もあります。

 

 

ただ、生活は保障されるもののお子さんがいる場合は
教育費などにお金がかかるケースは多いと思います。

 

 

学資保険などでまかなえる場合もあるかと思いますが、
そのあたりが心配なら、1000万円などの比較的
保障額が少なく、ネット保険などの月々の保険料が
安いものに入っておくのも良いかと思います。

 

 

一人の方なら、生命保険は不要かもしれない

 

 

生命保険 不要

 

 

ただ、独身の方で葬儀費用になどと考えて
生命保険に入っている方は解約しても
いいかもしれません。

 

 

簡単な葬儀であれば、会社が社葬してくれる場合も
ありますし、どうしても心配なら、数千円の積み立てで
共済の葬儀プランなどの積み立てもできるので、
その分貯金していた方がお得だと思います。

 

 

生命保険は基本的には残された人のための保険なので、
独身の人であれば貯金して自分の生きている間に使う
お金として保険料の分使ったり、貯めておくほうが
かしこいのではないかと思います。

 

 

もし、今独身で結婚する予定がある方は、若い年齢の
時に入っておくと値段が加入時のまま据え置きと
いうものもあるので、早めの加入を検討すると
いいと思います。

 

 

なんとなく生命保険に入るべきという考えでしたが、
調べると死亡時や闘病時など色々使える制度もあるので、
デメリットを加味してほんとに必要なのか考えて
加入したいと思います。

 

タグ : 

生命保険はなぜ必要か

この記事に関連する記事一覧