生命保険 相続税

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険と相続税を知っておくこと

生命保険 相続税

被相続人の死亡によって

法定相続人が受け取る

死亡保険金については

一定額が非課税となります。

 

生命保険の非課税枠って?

その部分については

相続税はかかりません。

 

 

非課税となる部分についてですが

被相続人の死亡により

法定相続人が受け取る

死亡保険金については

生命保険金総額から

500万円×法定相続人数の金額まで

非課税となっております。

 

 

自分の死後のために

生命保険をかけている人が多いです。

 

 

生命保険 非課税枠

 

 

生命保険を受け取った場合には

相続税もかかりますので

注意が必要です。

 

 

生命保険は万が一の

時に死亡保険金が

受け取れる保険です。

 

 

でも、受け取れる保険金に

税金がかかるかどうか?

 

 

疑問に思っている方も

多いのではないでしょうか?

 

 

また、生命保険で相続税対策が

できるという話も、

聞いたことがあるかもしれません。

 

 

相続税対策で

アパートを建築する人もいます。

 

 

生命保険を家族のために入るには

生命保険の役割としては

万一のことがあったときに

残されたご家族が

経済的に困らないために

加入するものです。

 

ですので、その保険金に

税金がかかると、

必要なお金を残すことが

できなくなってしまうかも

知れません。

 

生命保険にかかる税金の

仕組みについて知っておくことは

たいへん重要になりますよね。

 

 

生命保険 家族

 

 

難しいですが、興味をもって

覚えてほしいところですね。

 

 

相続税対策として生命保険に

加入する時も同様で

その目的に合った保険

入り方をしないと、

まったく意味のないものに

なってしまいます。

 

 

生命保険の死亡保険金には

原則として税金がかかります。

 

 

ただし、生命保険には

一定の非課税枠が設けられていているので

実際に保険金を受け取っても

非課税となるケースも珍しくありません。

 

 

生命保険にも 基礎控除額があります

 

相続税の非課税枠には

その他にも基礎控除

配偶者控除などもあり

これらを上手に活用すれば税金を

0にすることもできます。

 

 

相続税の基礎控除には

配偶者はとても優遇されています。

 

生命保険 基礎控除額

 

生命保険を相続税対策

活用する時には

課税の対象となる資産を

減らすことができる

一時払い終身保険

よく使われています。

 

 

生命保険で生前贈与

また、暦年贈与の控除枠を

使って、個人年金保険などで

生前贈与する方法もあります。

 

 

基本的な税金の仕組みを

知っておけば、現金で残すよりも

生命保険に加入したほうが

家族へかかる相続税の

負担を小さくするこができます。

 

 

生命保険 生前贈与

 

相続税や、贈与税など

よく分からない税金が出てきます。

 

 

一度覚えてしまうと、そんなに

難しいものではないと思います。

 

 

今は、相続税対策という謳い文句で

生命保険の加入や

アパート建築が多くなっていると

感じています。

 

タグ :    

生命保険の受取人 生命保険の選び方 生命保険はなぜ必要か

この記事に関連する記事一覧