生命保険 女性 おすすめ

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険の女性へおすすめ

生命保険 女性 おすすめ

女性に保険は必要かは迷いますよね
もしもの時に考えます。

 

生命保険を比較 女性に合うを探すこと

女性は生命保険に加入すべきか
他の保険を選ぶべきか悩むことはありませんか。

 

 

最近では考えの多様化により、
結婚せずに仕事を頑張る女性も増えています。

 

 

自分のライフスタイルにぴったりの
保険に加入するには、どんなポイントに
注目すれば良いのでしょうか。

 

 

女性が加入すべき保険選びに
必要な知識として、生命保険に
加入すべきかどうか、女性向け保険との
違いはなんなのでしょうか?

 

 

女性の生命保険加入について
一般的に独身既婚は関係なく不要だと
考えられています。

 

 

一体なぜ、女性は生命保険に
加入しなくて良いと考えられているのでしょう。

 

 

理由は、死亡後に膨大な資金を
残す必要性がないことが多いためです。

 

 

もし独身女性が死亡した場合
後に必要とされる資金
200〜300万程かかる葬儀代と
一人暮らしをしていた場合は退去にかかる
費用20〜30万程でしょう。

 

 

つまり、220〜330万円程残して
おけば十分足りるのです。

 

比較 女性

 

既婚女性も同様に言えます。

 

 

メインの収入を夫が担っているケースが多いため
仮に死亡したとしても収入源自体が
無くなる訳ではありません。

 

 

葬儀代の200〜300万円を賄う資金が
あれば問題ないと言えます。

 

 

女性が生命保険に加入すべきかどうか
数百万円ほどの貯金があるかを
基準のひとつとして判断すると良いでしょう。

 

 

生命保険と女性向けの保険には
大きな違いがあります。

 

比較 女性

 

生命保険と女性向けの保険が
持つ特徴を理解せずに加入すると
求めていた保障が受けられないかもしれません。

 

 

保険選びで後悔しないために
一般的な生命保険の保障内容と
女性向けの保険にしかない保障内容について
確認していきましょう。

 

 

生命保険の保障額の平均とは?

始めに、一般的な生命保険の保障を
確認してみましょう。

 

 

生命保険は主に、加入者が死亡すると
遺族に保険金が支払われる「死亡保険」
保険契約時に定めた年齢に達すると
保険金が支払われる「生存保険」があります。

 

 

どちらかというと、死亡時に保険金が
支払われる「死亡保険」の印象が強い人が
多いかもしれません。

 

 

一方、生存保険には様々な種類があり
加入目的や希望している保障内容によって
以下の中から選択することができます。

 

 

選択の幅が広いことが最大の特徴と言えるでしょう。

 

保障額 平均

 

女性向けの保険は、女性特有と言われる
病気で手術や入院が必要となった場合
通常の医療保険よりも約2倍
保障が受けられます。

 

 

さらに、保険会社で定めた一定期間に
給付金の受取りがなかった場合
お祝い金が支給されるケースもあります。

 

 

他には、加入する保険会社にもよりますが
以下のような保障が受けられるでしょう。

 

 

ただし、加入する女性向けの保険によっては
女性特有の病気は保障しても「肺がん」「胃がん」
などの病気は保障対象外というケースがあります。

 

 

それから、一般的な医療保険と比べて
保険料が高いこともデメリット
挙げられるかもしれません。

 

どちらがいいのかよく考えて、
加入する際は検討しましょう。

 

タグ :  

生命保険の種類と特徴 定期保険 生命保険の選び方 生命保険はなぜ必要か 生命保険料控除 生命保険の種類と特徴 終身保険 生命保険の種類と特徴 養老保険

この記事に関連する記事一覧