相続制度とは

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険の相続制度とは

相続制度とは

財産を相続すると

相続税がかかる場合があります。

生命保険の相続税対策

生命保険は相続税の

支払資金として有効ですが

生命保険自体も相続税

対象となるので

その分準備が必要です。

 

 

財産を残せば、

必ず相続税がかかる

というわけではありません。

 

 

生命保険 相続税対策

 

 

相続税を納めなければならない

人にとっては

相続税は大変な税金といえます。

 

 

換金しにくい財産に対して

税金がかかりますし

手元にお金がなくても

税金として納めなければ

ならないからです。

 

 

ほかの税金が原則として

現金で直ちに納めなければ

ならないのに対し

相続税は土地などの物で納めたり

長時間分割して納めたりする

ことも認められています。

 

 

物納や延納が認められているほど

納めるのに大変な税金で

あるということです。

 

相続税とは別に

故人の残した財産をどのように

相続するかということも

考えなければなりません。

 

 

相続人の間でうまく分割が

まとまればいいですが

財産は自宅のみなど

が難しいケースもあります。

 

 

保険にはメリットまたデメリットもあります

続いて、生命保険の

メリット・デメリットについてです。

 

 

まずメリットの方で

相続税の支払資金についてです。

 

 

相続税は、亡くなってから

数ヵ月で納めなければなりません。

 

 

誰もいつ亡くなるかはわからないのです。

 

 

保険 メリット デメリット

 

 

いつかわからない日のために

お金を用意するということは

大変なことです。

 

 

相続税の額を予想し

満期時点の元本と利息で

納付しようと預金を始めても

満期まで生きている

保証はありません。

 

 

生命保険であれば

契約後直ちに努力が

発生しますので

いつでも相続税を

納めることができます。

 

 

遺産分割用の資金についてですが

土地や建物だけですと

相続人の間で分けようがない

こともあります。

 

 

保険 メリット デメリット

 

 

保険に入っていれば

土地や建物のほかに

現金があるので

相続人が満足するように

分けることができます。

 

 

相続税の対象にならない方でも

亡くなってから所得税や住民税

固定資産税などの税金を

納める必要のある場合があります。

 

 

葬式をするにあたっての

費用もかかります。

遺品を整理したり、個人事業を

行っていた方は事業の整理も必要です。

 

 

いつ発生するかわからない

支払いに備えるためには、

生命保険が適していると言えます。

 

 

デメリットについてですが

変額保険で損をしたり

保険をかけすぎたせいで

財産を減少させることにより

税金が減るのでは

意味がありません。

 

 

保険金額を考える時

相続税の支払資金や

遺産分割用の資金のために

生命保険に加入する場合

 

保険金額

 

生命保険にも相続税が

かかることを念頭に

保険金額はその分多く

する必要があります。

 

タグ :   

生命保険の選び方 生命保険はなぜ必要か 生命保険料控除

この記事に関連する記事一覧