生命保険 親 支払

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険|親が勝手に、子供の名義で加入しているが、問題は?

生命保険 親 支払

生命保険というのは、
支払人と受取人が違う、
ということがよくあります。

 

 

生命保険 親 支払

 

親が払ってる、ということは珍しくないのです。

 

 

親が払ってる、というのは子供のためを思ってであり、
例えばそこそこいい歳をした人であろうとも
こうしたことがよくあります。

 

 

生命保険|親が保険料を支払う契約はご注意下さい

 

 

しかし、これには、
いくつか気をつけないといけないことがあります。

 

生命保険 親 支払

 

生命保険を親が払ってるとしても、
基本的には受取人は誰になっているのか、
ということが大事です。

 

 

例えば親が亡くなっても、被保険者はあくまで、
子供になりますから、そこに保険事故が、
発生していない、ということになります。

 

 

そのため、どうしてもその後の、
保険料の支払いをすることになります。

 

 

その上、相続財産としてみなされて、
相続税がかかることになりますから、
これは覚悟しておいたほうがよいでしょう。

 

生命保険 親 支払

 

こうした意味から考えて子供に保険をかける、
というのは生命保険ではあまりお勧めできないことも、
多くあるのです。

 

 

しかし、何かと役に立つ保険であることは、
確かであるといえますから、
そこまで駄目というわけでもないです。

 

 

親が払ってるわけですから、
自分には費用負担があるわけではありません。

 

 

■生命保険のメリットと具体的な活用方法

 

生命保険 メリット

 

生命保険とは命を失ったときのリスクに対する、
保険であるわけですから、自分が死んで生活を守る
必要性があるであればこれはメリットがあるといえます。

 

 

生命保険の面白いところは、その利益を得ることが、
できる人と、支払人が違っても、
そこまで問題ではない、ということになります。

 

 

ちなみに当然ではありますが、
まったく無関係の人を対象にして、
契約をすることは出来ないことになります。

 

生命保険 メリット

 

しかし、これは子供で、血縁関係であるならば、
基本的には問題ありませんから、
そこは心配することはないでしょう。

 

 

生命保険というのは、まずは自分の命を失うリスクに
関することになり、なかなか怖いものでありますが、
基本的には良いことでもあります。

 

生命保険 メリット

 

誰が保険料を支払っているのか、
というのは大事なことではあります。

 

生命保険 メリット

 

先ずは、どんな形になっているのか、
ということを把握したほうがよいでしょう。

 

 

生命保険というのは、
自分にとってメリットがあることもあるのです。

 

 

自分が死んだ時にメリットが最も発揮するのですが、
そうでない場合もあります。

 

 

重度障害云々ということにも対応していることが、
多いですから、そうした点においては、
加入者にもメリットがあります。

 

タグ : 

生命保険はなぜ必要か

この記事に関連する記事一覧