ドライフステージ  保険

そうだ、生命保険を勉強しよう!

ライフステージ&保険について考えたい

生命保険への加入を考える際には

自身のライフステージに適した保障

内容を考えることが大切です。

 

ライフステージの変化

ライフステージとは就職

就職・結婚・出産・住宅購入子どもの独立

退職等の人生の節目によって

変化する生活段階を指します。

 

 

 

 

現在、自分や家族がどの

ライフステージにいるかを確認し
今後の人生や生活の設計(ライフプラン)

についても同時に確認をしましょう。

 

 

ライフプランナーとは

ライフステージやライフプランによって

家族構成や経済状況は変化するため

保険を選ぶ前に、まずは現在の

状況を把握することが大切です。

 

 

ライフプランナーとは

 

 

現在のライフステージとこれからの

ライフプランの確認ができたら

生命保険で準備すべきお金の

金額を算出します。

一般的には、生命保険とは

世帯を支える方の収入がなく

なってしまったときに

家族が生活していくために必要です。

 

 

生命保険の選び方を考えてみよう

金額から残された家族の
収入や貯金・公的保障等を
差し引いた金額を
必要保障額の一つの目安とします。

 

 

日本は医療に関してなど
公的保障が非常に充実しているので
考えられるリスクのすべてを
生命保険で補おうとすることは
避けましょう。

 

 

生命保険 選び方

 

 

そもそも生命保険とは
それですべて補うのではなく
公的保障の補完であるという
認識は持ちあわせておきましょう。

 

 

それでは、ここからは生命保険の
代表的なものを順番に
みていきましょう。

 

 

生命保険の種類をわかりやすく説明します

まず、代表的な「死亡保険」
一般的に生命保険というと
この保険をイメージされる方が
多いかと思います。

 

 

世帯を支える人が万が
一亡くなってしまったときに
備えるための保険です。

 

 

死亡保険は、一定期間の保障が
続く定期保険と
終身にわたって保障が続く
終身保険の2つのタイプがあります。

 

 

次に、「医療保険」についてです。

死亡保険に次いで加入者が
多い保障内容だと思います。

 

 

 

生命保険 種類 わかりやすく

 

 

これは、病気やケガ等の入院
手術等による医療費に
備えるための保険です。

 

 

医療費のみならず
公的保障での保障対象外である
差額ベッド代や入院中の
家族の生活費等、入院時にかかる
間接的な費用にも
備えることができます。

 

 

次に日本人が心配して多く加入している、
「がん保険」についてです。

 

 

がん保険は、日本人の死亡原因の
第1位であるがんによる入院や手術、
通院治療の保障に特化した保険です。

 

 

また、最近は老後の準備は自助努力で、
という傾向があり、そのための準備として、
「個人年金保険」に加入する方が多いです。

 

 

個人年金保険とは
保険料を積立てることで
老後の生活資金を準備し
将来、年金を受取ることができる保険です。

 

 

長寿命化、公的年金制度や企業の
退職金制度見直し等を踏まえて
老後の資金を準備することで

ゆとりある老後の生活を送るための保険です。

 

 

収入保障保険とは?

また、昨今の時代に合わせて
最近は「収入保障保険」
流行っています。

 

 

これは、けがや病気などで
働けなくなってしまった場合
所定の金額を受け取ることができる保険です。

 

 

また、万が一亡くなってしまったときには
ご家族等保険金受取人が
保険期間満了まで保険金を
毎月のお給料のように受取ることができます。

 

 

 

収入保障保険とは

 

 

以上のように、生命保険とは
多くの種類があり
ただやみくもに加入するしないことです。

 

 

加入者の年齢や家族構成
ライフプランに
きちんと合わせて
選択していくものになります。

 

タグ :     

生命保険の種類と特徴 生命保険の見直し 生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧