子供 生命保険 終身 掛け捨て

そうだ、生命保険を勉強しよう!

子供の生命保険には終身と掛け捨てのどちらが良いのだろうか?

子供 生命保険 終身 掛け捨て

私は、

「子供の生命保険は入った方が良いのだろうか?」

と普段から良く考えていました。

 

 

まだ小さい子供に生命保険をかけるなんて、

親としてはなんとなく嫌な気持ちでいました。

 

 

しかし、

もしも何かあった時の保障はどうしても持っていたい、

持っていた方が良いという思いから、

子供の生命保険について考えるようになりました。

 

 

そのきっかけは、

実父が肺がんで亡くなったことでした。

 

 

医療保険も生命保険もきちんとかけていたので、

お葬式やその他の支払いも滞りなく、

無事に終えることができました。

 

 

その時に、

保険の有難さをとても実感したのです。

 

 

終身保険を子供へのプレゼントとして考えることも

 

 

保険関係の相談が無料でできる窓口に相談に行ったり、

自分でも色々と調べました。

 

終身保険 子供 プレゼント

 

掛けようと思ったら、

いくらでも良い保険に入ることができるのですね。

 

 

将来が楽しみな子供に高額な生命保険を掛けるなら、

貯蓄して教育資金も用意したいと思いました。

 

 

終身保険をかけるのか、

もしくは掛け捨てで手軽な保険をかけるのか、

かなり悩みました。

 

 

終身保険なら、

将来子供が自分で支払ができるようになったら、

引き継ぐことができます。

 

 

また、

それまでの保険料は親である私が支払いをするので、

子供に残せるプレゼントという考えもできます。

 

 

解約返戻金があるので、

もしもの時は解約してお金を受け取ることも可能です。

 

 

元本割れという部分を考えなければ、

貯蓄要素も備えています。

 

 

掛け捨ては解約返戻金がないけど金額が抑えられます

 

 

ですが、

掛け捨てタイプならかなり金額が抑えられるので、

教育資金の貯蓄に影響しません。

 

掛け捨て 解約返戻金 金額

 

ただし、

終身タイプの保険と違い解約返戻金がない。

 

 

どちらにもメリット、

デメリットがあったのでとても悩みました。

 

 

結論としては、

掛け捨てタイプの保険を選びました。

 

 

その理由は、

子供の生命保険なので、

高額な保障は必要ではないということと、

お財布に優しい保険料が良いと考えたからです。

 

 

お葬式費用程度の保障と、

それに付随して怪我や入院に対して、

多少の保障があれば十分だと決めて、

掛け捨ての保険を選ぶことにしました。

 

 

対面で説明して貰えると保障内容が理解しやすい

 

 

私の場合は、

保険を検討している時に、

たまたま近所を回っていた、

共済保険の担当の方から加入をしました。

 

対面 説明 保障内容

 

ベストなタイミングでお話しできたので、

ものすごく助かりました。

 

 

自分で調べる範囲だと、

結局どれにしようか決めるのに悩んでしまいます。

 

 

やはり対面で説明して貰うのが、

保障内容がきちんと理解しやすかったです。

 

 

手続きの方法も色々なやり方を提示してくれますし、

何か相談したい時はすぐに担当の方に、

連絡すれば良いというのも魅力でした。

 

 

振り込みができなければ集金に来てくれます。

 

 

また保険請求についての相談も、

「正規の窓口に電話しなくても、

私に電話してくれたら対応しますから」、

と言って貰えました。

 

 

そんな親切対応も決め手になったのです。

 

タグ :   

生命保険の種類と特徴 定期保険 生命保険の種類と特徴 生命保険の解約返戻金 生命保険の選び方 生命保険の種類と特徴 終身保険

この記事に関連する記事一覧