生命保険 掛け捨て 貯蓄

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険の掛け捨てと貯蓄型の仕組みを知ろう!

生命保険 掛け捨て 貯蓄

生命保険を選ぶ時には、
あまりにも種類が多すぎて、
まず自分にどのような保障が必要なのか
分からないというところから始まります。

 

 

そして、
生命保険が「掛け捨て」と「貯蓄型」の
2種類に大きく分かれることを知りました。

 

 

2種類の生命保険のタイプを知らないと、
自分に必要な生命保険の保障に
「掛け捨て」の保険と「貯蓄型」の保険の
どちらを選ぶべきか、
加入前必ず迷ってしまいます。

 

 

掛け捨てと貯蓄型の違いはなに?

 

 

「掛け捨て」は、
解約しても払い込んだ保険料は戻りません。

 

掛け捨て 貯蓄型

 

月々の保険料は低く、
保険期間が限定される定期保険になります。

 

 

貯蓄型」は、
月々の保険料は高く負担がかかりますが、
将来解約すると払い込んだお金が戻ってきます。
(元本割れすることもあります)

 

 

「掛け捨て」というだけに、
保険料が戻らないのでどうしても
元が取れないイメージがあります。

 

 

なぜ、
元が取れる保険でなく
「掛け捨て」を選ぶのかというと、
元が取れる「貯蓄型」の保険料は、
「掛け捨て」の保険料とは
比べものにならないくらい高く、
驚くほど支払う金額に差が出ます。

 

 

掛け捨ての魅力とは?

 

 

月々の保険料を抑えながら
大きな保障を備えたい時
「掛け捨て」の保険は魅力的です。

 

掛け捨て 魅力

 

日々の生活に無理のない範囲で、
生命保険を準備するために、
「掛け捨て」の保険は欠かせません。

 

 

「掛け捨て」の保険は、
保障が一生涯続く終身保険でなく、
期間が限定されている
定期保険だということを忘れては行けません。

 

 

定期保険は、
加入時に保険期間を設定します。

 

 

その期間が終了すると保障も終了します。

 

 

保障期間が終了するまでに、
生命保険分の貯蓄ができていたらいいのですが、
もし、
そうでない場合は契約を更新するか、
入り直すしかなくなります。

 

 

自分でお金を貯められない人や
独身で大きな保障を必要としない人
(掛け捨ては嫌だなと思う人)にとって、
強制的にお金を貯められる
「貯蓄型」の生命保険は魅力的です。

 

 

自分でお金を貯められる人や
子供が成人するまでの一定期間の保障を
確保したい若い人には、
低い保険料で大きな保障が準備できる
「掛け捨て」の生命保険がお薦めです。

 

 

お金をためる方法は保険以外にも選択肢がありますが、
いざという時に家族の生活を守り、
支えてくれるのは生命保険だけです。

 

 

人の数だけライフプランがあります。

 

 

生命保険という大きな買い物をする前に
家族できちんと話し合い、
自分に合う保険を選ぶことが大事です。

 

 

自分に合う保険を選ぶことは、
無駄な保険料を払わないですむことにも繋がります。

 

 

必要に迫られた時、
落ち着いた対応ができるように
自分に合う生命保険を選ぶことが必要です。

 

タグ :  

生命保険の種類と特徴

この記事に関連する記事一覧