生命保険 生活保障

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険 生活保障について

生命保険 生活保障

生命保険とは、日々の暮らしの中で
起こり得る病気・ケガ等
また人の死亡によって
引き起こされる経済的負担や
損失等のリスクに備えるためのものです。

 

 

 

生活保障のための保険の比較をしてみる

一般的に、死亡時に保険金が
受取れる死亡保険を「生命保険」と
呼び、入院した時に給付金が
受取れる入院保険を「医療保険」
と呼びます。

 

 

生命保険とは
加入者全員で保険料を出し合うことで
病気やケガ・死亡等で
お金が必要になった人が
給付金や保険金を受取ることが
できる仕組みでです。

 

 

いわゆる「相互扶助の精神」で
成り立っています。

 

 

生活保障 保険 比較

 

 

生命保険会社の組織の種類に「相互会社」
とつくのが多いのは
このような精神から会社が
成り立っているということです。

 

 

日本では約80%の人が
生命保険に加入していて
生命保険に関する意識
他国と比較してとても
高い国です。

 

 

長生きのリスクをカバーする

この高い加入率から
多くの人がそれぞれの
ライフステージにおける病気やケガの
リスク、介護・長生きのリスク
死亡のリスクに備えて生命保険に
加入していることがわかります。

 

 

また保険はよく貯蓄
比較されることがあります。

 

 

長生きのリスク

 

 

日本人は貯蓄が好きな傾向があり
一般的に収入等の一部を
積立ていくことで、期間の
経過とともに金額が増えていきます。

 

 

生命保険とは何か?

一方で、生命保険は
契約が成立したときから
支払の条件を満たすことで
万が一のときにご契約いただいた
保険金額を保険金として
受取ることができます。

 

 

そのため、いつ起こるかわからない
万が一の事態に備えるためには
貯蓄よりも保険が適しています。

 

 

 

生命保険とは何

 

 

また、満期保険金のような
生命保険の場合、生命保険契約が
満期になった時には
満期保険金を受取ることができるため、
計画的な貯蓄をしながら
万が一の保障を得ることができます。

 

 

生命保険とは、ご自身やご家族の
病気やケガ、死亡等による
経済的なリスクに備えるための保険です。

 

 

怪我や病気の保障 収入が減少時にも必要?

例えば、病気や事故等で
入院してしまった場合には
給付金を受取ることで
経済的な心配なく病気や
ケガの治療に専念することが
できます。

 

 

また、世帯主の方に万が
一のことがあったとき
世帯の収入が減少します。

 

 

保険 怪我 病気

 

 

残された家族は生命保険の
保険金を受取ることによって
生活の経済的な負担を
少なくすることができます。

 

 

実際に生命保険に
加入している方の加入の
目的のうち、「医療費や入院費のため」
と答えた方が約60%います。

 

 

次に「万一のときの家族の生活保障のため」
と答えた方が約50%います。

 

 

日常や将来起こり得るリスクに
備えることを目的に
加入していることがわかります。

 

タグ :    

生命保険の受取人 生命保険の種類と特徴 生命保険料控除

この記事に関連する記事一覧