生命保険 保険金 受取人

そうだ、生命保険を勉強しよう!

【生命保険】保険金の受取人は誰を指定すれば良いのだろうか

生命保険 保険金 受取人

生命保険を加入する時には、
保険金受取人を指定しますね。

 

 

受取人を誰にするのかによって、
保険金の税金が変わってきます。

 

 

誰が保険料を支払い(契約者)、
誰に保険を付け(被保険者)、
誰が保険金を受け取るか(保険金受取人)によって、
受け取る保険金は、
相続税・贈与税・所得税(+住民税)の、
いずれかの課税対象となります。

 

 

死亡保険金にかかる税金は以下のようになります。

 

 

一般的には一番多いのは相続税になるケースです。

 

 

死亡保険金は相続税の課税対象となる?

 

 

下記の例のように、
契約者と被保険者が同一人の死亡保険金を、
被保険者の相続人が受け取った場合は、
相続税の課税対象となります。

 

死亡保険金 相続税 課税対象

 

契約者・被保険者が夫、
保険金受取人が妻または子の場合。

 

 

死亡保険金は、
「残された家族の生活保障」という、
大切な目的を持った遺産ですので、
一定の生命保険金が非課税とされています。

 

 

500万円×法定相続人の数=非課税限度額

 

 

非課税額を引いた金額が、
相続税の課税対象になります。

 

 

ただし相続人以外が受け取った場合は、
非課税の特典が適用になりませんので、
相続人が受け取った方が有利です。

 

 

受取人の変更手続きはいるでも何回でもできる?

 

 

保険金受取人の手続きは、
通常いつでも何回でも変更を行うことができます。

 

受取人 変更 手続き

 

特段保険金受取人の承諾は必要ありません。

 

 

被保険者の承諾は必要になりますが、
契約者と被保険者が同じ場合は問題ありません。

 

 

そして、
遺言によって保険金受取人を変更することができます。

 

 

ただし、
遺言にて受取人を変更する場合、
遺言書の方式が法律上適切でない場合には、
受取人の変更を受け付けてくれない場合があります。

 

 

また、
遺言の有効性を確認するなどの手続きが必要になるため、
通常の手続きに比べて、
支払いまでに時間がかかってしまう可能性があります。

 

 

保険金受取人は、
生命保険を契約する時に指定します。

 

 

誰が保険金を受取るかによって、
税金が大きく変わりますので、
税務関係を事前にきちんと確認して、
できるだけ不要な税金の支払いは避けましょう。

 

 

特に生命保険は長く掛けていくものなので、
受取人の変更が生じた時はすぐに保険会社に連絡して、
保険金受取人を変更しておきましょう。

 

 

保険金の受取人は血縁関係が無いとダメ?

 

 

また、
通常保険金受取人は、
血縁関係がないと指定できません。

 

保険金 受取人 血縁

 

しかし、
内縁・婚約などの場合には、
一定の条件をクリアできれば、
指定できる保険会社もあります。

 

 

とは言え、
保険金受取人の指定は厳しくなってきており、
やはり血縁がないと指定できない保険会社もあります。

 

 

なので、
特別な事情がある場合には保険会社に確認しましょう。

 

 

もちろん、
保険会社によって基準は違ってきますが、
一般的には以下の基準があります。

 

 

お互い独身であることはもちろんのこと、
同居年数や、
一定期間内に結婚の予定があること(婚約の場合)、
などの条件があります。

 

タグ :   

生命保険の受取人 生命保険の見直し 生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧