保険料 親 支払

そうだ、生命保険を勉強しよう!

保険料を親が支払う契約はご注意下さい

保険料 親 支払

生命保険に加入しているけど保険料は親が払ってる。
という方のためにききます。

 

 

保険料 親 支払

 

保険料は親が払ってるというのはどうことと、
思う方もいるとおもいますが、
たまに保険料は親が払ってるという方がいます。

 

 

保険の契約者、被保険者、保険金の受取人は、
生命保険に加入するときに、契約書に記載します。

 

 

被保険者は、生命保険の対象となる人のことで、
この人に何か起こると、保険事故と呼びます。

 

保険料 親 支払

 

保険事故が起こると(例えば、ケガ、病気、死亡など)
保険金が支払われることになります。

 

 

そのため、
あとで被保険者が変更されることはありません。

 

 

生命保険|受取人で決まる税金

 

 

ところが、契約者と、受取人は、
いつでも自由に変更が可能です。

 

生命保険 受取人 税金

 

 

例えば、上記で、契約者と保険金の受取人を、
子供としていますが、ここを、
どちらも妻と書き換える手続きは簡単です。

 

 

しかも、
被保険者の保険事故が起こっていなければ、
変更したことで、税金が発生することもありません。

 

 

この生命保険をもらってよいのか、
ちょっと不安なのです。

 

生命保険 受取人 税金

 

結論から言いますと、実は、
保険料の支払者と受取人の関係で、税金が決まります。

 

 

税金がかかる時期は、「保険事故が発生したとき、
または、契約者が解約して、保険金を受け取ったとき」
となります。

 

 

保険の契約は子供、保険料の支払者は子供、
被保険者は子供、保険金の受取人は子供
上記のように、すべて子供となっていれば、

 

 

生命保険が満期になったり、解約することで、
戻ってきた保険金(返戻金ともいう)には、
保険料を上回った部分に関してだけです。

 

 

しかし、所得税
(一時所得として税金は安くなる)がかかります。

 

生命保険 受取人 税金

 

また、子供がケガが病気となり、
保険事故が発生した時には、原則、保険金には、
所得税もかかりません。

 

 

ところが、今回は、保険料の支払い者が父親でしたので、
子供が保険金を受け取った瞬間に、
贈与税がかかってしまうのです。

 

 

これを回避する方法が、2つあります。

 

生命保険 受取人 税金

 

1つ目は子供がこの生命保険を、
父親から買取ることです。

 

 

現時点で、この生命保険を解約したら受取れる
金額を、子供であるXの銀行口座から、
父親の口座に払い込むのです。

 

 

これで、生命保険が、実質的に、
子供のものになります。

 

 

ただ、それほど貯金がなく、
買取れないこともあります。

 

 

そこで、2つ目の方法として、このまま、
ずっと父親の相続が発生するまで、待つのです。

 

 

すると、この保険料の支払いが父親ですので、
相続財産とみなされて、相続税がかかります。

 

 

ただ、他の相続財産の金額にもよりますが、
それほど、多額の相続税がかかることは、
ないのではないでしょうか。

 

 

しかも、この生命保険は、
すでに契約者が子供となっています。

 

 

そのため、遺産分割協議の対象にはなりません。

 

 

例えば、下記のような生命保険があったとします。

 

 

保険の契約者は父、保険料の支払者は父、
被保険者は子供、保険金の受取人は子供。この場合、
契約者は父親で、保険料は父親が払ってる場合です。

 

 

父親が亡くなっても、
被保険者は、あくまで子供なので、
保険事故は発生していません。

 

 

この生命保険は、保険料の支払者が父親であるため、
先ほどと同様に、相続財産とみなされて、
相続税がかかります。

 

 

ただ、それはよいとしても、契約者も父親なので、
この権利を誰が相続するかを、遺産分割協議で、
決定しなければいけないのです。

 

生命保険 受取人 税金

 

相続税などいろいろ難しいので、
生命保険に加入する際はよく考えて、
契約者、支払い者をきめましょう。

 

タグ : 

生命保険の受取人

この記事に関連する記事一覧