生命保険 医療特約

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険に医療特約を付けて医療保障を考える

生命保険 医療特約

生命保険は、一般的には加入者が亡くなった際に、
遺族にお金を残すために加入する保険です。

 

 

生命保険 医療特約

 

扶養家族がある場合などはとくに、自分が亡くなった
後でもしばらく満足な暮らしができて、
生活を立て直すことができるようにするのです。

 

 

また、扶養家族がいなくとも、
人間は亡くなった後でもお金がかかります。

 

生命保険 医療特約

 

たとえば葬儀代やお墓の準備もありますので、
残された人に迷惑をかけたくないということで、
その金額を用意するために生命保険に加入するようです。

 

 

また、生命保険とはいえ、
医療特約が付いていたりすることもあります。

 

 

幼少期から親が払ってる生命保険がある場合には、
このような用途がある場合もあります。

 

生命保険 医療特約

 

もしものときも含めて、たとえば部活や学校生活で、
怪我をした際にも補償が受けられる
生命保険保険プランもあります。

 

 

そのようなことを考えて、
子供のころから親が払ってる場合もあり得ます。

 

 

生命保険の受取人は誰にするべき?

 

生命保険 受取人

 

この親が払ってる生命保険は、
契約的には別に支払い人を変える必要はありません。

 

 

ただ、一般的には成人したら学生を卒業したりして、
自分で収入が得られるようになれば、
支払い人も変えることが多いです。

 

 

また、親が払ってる生命保険の場合、
受取人も親であることがほとんどです。

 

生命保険 受取人

 

生命保険は、残された人が困らないように、
また、死後の世話をしてくれる人に迷惑を
かけないようにという理由で加入をします。

 

 

ですので、死後の世話を親がしてくれるうちは、
受取人が親でも問題ないかもしれません。

 

 

成人して日が浅く未婚で子供もいないという場合には、
支払いを自分がするようになったとしても、
一番直近の親が受取人であることが多いです。

 

 

生命保険の受取人|結婚したのに夫の親のままだったら?

 

生命保険 受取人 配偶者

 

ですが、もしも結婚したら子どもができて、
扶養家族ができた場合には、
速やかに受取人を切り替える必要があります。

 

生命保険 受取人 配偶者

 

扶養家族が、自分が亡くなったあとも生活に、
困らないように、また、結婚をした場合、
葬儀やお墓の準備も配偶者が行うものです。

 

 

このようなことも考えて、扶養家族ができた場合には、
配偶者を受取人と設定することがおススメです。

 

 

配偶者が受取人となると、保険金は配偶者に半分、
もう半分を子どもが人数で割って受け取りをします。

 

 

ですので、もしも子どもがまだ子どもで、
学費がかかるなどの時でも、
保険金でまかなえることもあるようです。

 

生命保険 受取人 配偶者

 

親が払ってるうちは親が受取人となっていますから、
切り替える前に亡くなってしまった場合は、
扶養家族が困ってしまうことになります。

 

 

このようなことを避けるためにも、
もともと親が払っていた保険はとくに、
受取人の切り替えは気をつけなければなりません。

 

タグ :  

生命保険の受取人

この記事に関連する記事一覧