生命保険 受取

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険の受取人で一番良いのはだれ?

生命保険 受取

自分が一家の生計を支えている場合、
どうしても自分が死んだ時のことも
考える必要性があります。

 

 

どうしてもそれがリスクとしてあるのです。

 

 

つまりは、
自分が死んだ時のリスクであり、
これに関するリスク回避ができるのが
生命保険になります。

 

 

もちろん、
死ぬことがなくなる、
というわけではなく、
死んだときの金銭的なリスクに関しての
リスク軽減になります。

 

 

生命保険は正式な遺産相続となるって本当?

 

 

生命保険とは受取人を決める必要性があります。

 

生命保険 遺産相続

 

大抵の場合は家族になりますし、
そもそも血縁や伴侶じゃないと駄目でもあります。

 

 

不正が起きやすい部分になりますから、
これはかなりしっかりと行われています。

 

 

この生命保険なのですが
受取人を自分にすることも可能です。

 

 

自分の命に保険をかけるのですが、
それでも受取人を本人にすることができるのです。

 

 

本人にすることによって、
それは遺産相続の対象にすることもできます。

 

 

本人の資産になる、
ということです。

 

 

当然、
死んでいるわけですから、
それは本人が
受け取ることができるわけではないのです。

 

 

しかし、
本人を受取人にしていますと
それは正式に遺産相続扱いになります。

 

 

生命保険による遺産相続に関しては別途、
非課税枠、控除がありますから
これが狙いで、
ということはよくあります。

 

 

こうすることによって、
節税効果が少なからずありますから、
これはメリットがあるやり方だといえるでしょう。

 

 

もちろん、
普通に指定してもよいです。

 

 

生命保険の受取人が複数人の場合には注意しよう!

 

 

特に言えるのが
複数人の受取人を指定することができる、
ということもあるわけですから、
どちらに自分たちのメリットがあるのか、
ということはよくよく考える必要性があるでしょう。

 

生命保険 受取人 複数

 

ちなみに普通に揉めることがあるものでもあります。

 

 

ですから、
生前、
しっかりとこうした受取人指定をしている、
ということを伝えておくようにしましょう。

 

 

そうすることによって、
揉める要素を少なくできるようになります。

 

 

少しでも条件をよくして
遺産を残したいのであれば
そうした意味においても生命保険というのは
お勧め出来る要素があるといえるでしょう。

 

 

誰を受取人にするのか、
ということによって
かなり違ってくることがありますから、
その点のみはよく考えるようにしましょう。

 

 

ちなみに定期保険というのものあります。

 

 

この期間だけ、
というものであり、
貯蓄性はほぼないものが多いのですが
保険料が安くて済みます。

 

 

現役時代だけ備えることができればよいという人に
お勧め出来るタイプになります。

 

 

生命保険はタイプも多いですから
よく比較しましょう。

 

タグ :  

生命保険の受取人

この記事に関連する記事一覧