生命保険 受取人

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険の受取人で気を付けるべきこととは?

生命保険 受取人

自分の死後に遺族が生活を立て直すまで
満足な生活が送れるように、
という気持ちから加入を考えるのが生命保険です。

 

 

また、
扶養家族がいない場合でも
人間は亡くなったあとでも葬儀やお墓の準備などで
お金がかかります。

 

 

ですので、
その死後の世話をしてくれる人に
お金を残したかったり、
葬儀代くらいは自分でまかないたいと考える場合にも
生命保険を利用する場合があります。

 

 

受取人は複数人設定することができるって本当?

 

 

生命保険は、
このような理由から加入しますので、
受取人は両親や配偶者であることが多いです。

 

受取人 複数

 

この受取人ですが、
生命保険の場合複数人数を
設定することができるのです。

 

 

複数というのは、
親に半分、配偶者に半分など
生命保険の保険金を分割して
相続させることができるということです。

 

 

保険金を残して満足な生活が送れるように
配偶者にはお金を残したいが、
年老いた両親にも
少しはお金を残したいとなった場合、
複数人数に保険金を残してあげたいと思うのです。

 

 

保険金を複数人数設定することは可能ですが、
その際に気をつけるべきことがいくつかあります。

 

 

受取人設定で注意すべき点とは?

 

 

まず一つに、
保険金の受取人は二親等までと決まっています。

 

受取人 注意

 

二親等までというと、
具体的には
両親、配偶者、兄弟、孫、祖父母という辺りです。

 

 

先程言ったように、
お金を残したい扶養家族や
自分の死後の世話をしてくれる人物となると
基本的には二親等辺りが
受取人に該当する場合が多いです。

 

 

ただし、
ごく稀に友人や知人に
受取人を設定したいという人もいるのです。

 

 

保険金を残すことは可能ですが、
それらの人を受取人とすることは難しいです。

 

 

保険金を残すためには、
保険金の受取人は二親等のうちの誰かに設定します。

 

 

そして、
遺言など本人の意思がはっきりとわかるものに
その旨記載をして残しておくのです。

 

 

そうすることで、
受取人が保険金の受け取り後に
その人物に配分をすることになります。

 

 

それか、
受取人を本人に指定し、
死後に自分の口座に入金された保険金を
二親等外の人に受け渡すことを同じく遺言などに
記載することで、
希望の人物に支払いがなされます。

 

 

複数人の受取人を設定する際にはまず、
それらのことに気をつける必要があります。

 

 

また、
複数の受取人を設定したとしても、
その中から代表者を決める必要があります。

 

 

保険金は、
一括してその代表者に支払われ、
その代表者が受け取り後に指定の受取人に分配をします。

 

 

支払いには、
受取人に設定されている人物の印鑑や
諸々の書類が必要ですので、
大きなトラブルになることは少ないです。

 

 

ただし、
死後にもしもトラブルになったとしても
その際にはもう本人はいませんので、
そのような事態に備えてはっきりとした
意思を遺言に記載することをおすすめします。

 

タグ :  

生命保険の受取人

この記事に関連する記事一覧