生命保険 受取人 複数

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険の受取人に複数の人を指定できるのでしょうか?

生命保険 受取人 複数

生命保険加入時に決めるのが受取人です。

 

 

「自分に何かあった時に、
生命保険の受取人を一人ではなく複数人に分けて、
それぞれに行き渡るようにしておきたい」と、
そう思っている人も多いかと思います。

 

 

例えばご自身が結婚されていて、
もちろん配偶者にもお金を残したいし、
年老いた自分の親にもきちんとお金を残したい...。

 

 

そう考えた場合に、
生命保険契約において、
自分の思い通りに手続きができるのでしょうか。

 

 

加入する際は、
あまり受取人については考えずに記入したけれども、
例えばご自身の両親のうち一人が亡くなって、
一人暮らしになってしまったなど、
人生において、
保険を考えるタイミングというのはありますよね。

 

 

まずは、
生命保険金の受取人にできる人の範囲を、
知っておきましょう。

 

 

受取人に指定するのは二親等まで?

 

 

基本的には以下3つから選ぶことになります。

 

受取人 指定 二親等

 

①配偶者

 

 

②親・子

 

 

③祖父母・孫・兄弟姉妹

 

 

多くの場合、
受取人に指定するのは、
これら3つの中に入る二親等になります。

 

 

会社によっては、
その他も認められる場合があるので、
該当しない方は約款を読む、
または担当の方に問い合わせてみましょう。

 

 

多くの人は、
加入する際独身であれば自分の親、
結婚していれば配偶者の名前を書きますよね。

 

 

もちろんその範囲に該当します。

 

 

その他にも二親等といって、
祖父母や孫、
その他兄弟姉妹も該当することを覚えておきましょう。

 

 

ただし、
保険会社によっては二親等内の血族がいない場合、
三親等内の血族(叔父・叔母・甥・姪など)でも、
指定できる場合があります。

 

 

また、
保険会社によっては内縁関係・婚約関係でも、
一定の条件をクリアすると指定できる場合もあります。

 

 

契約書の受取人欄に複数記入できる?

 

 

契約書の中で、
受取人が1名しか書けないケースも存在します。

 

契約書 受取人 複数

 

しかし、
多くの契約書は、
受取人を書くスペースが大きくとられています。

 

 

つまり複数人を指定できるという訳です。

 

 

例えば受取人が2人の場合、
配偶者50%に親50%といったように、
全体が100%になるように、
受取人の続柄と割合を記入します。

 

 

受取人が3人の場合ですと、
配偶者50%、
長男と次男にそれぞれ25%というように、
全体が100%になるように記入することもできます。

 

 

このように受取人は1名だけでなく、
複数名を指定して記入することができるのです。

 

 

生命保険の受取人はいつでも変更できます

 

 

また、
生命保険の受取人の変更はいつでもできます。

 

生命保険 受取人 変更

 

独身時代に生命保険に加入している人は多くの場合、
受取人は自分の父親、
もしくは母親になっているかと思います。

 

 

しかし、
結婚を機に、
受取人を配偶者に変更するなどの手続きが可能です。

 

 

受取人を誰にするかによって税金の扱いが異なり、
税金の種類によっては税負担が変わりますので、
契約形態には注意が必要です。

 

 

よほどの理由がない限り、
「相続税」となるように受取人を設定しましょう。

 

 

複数の受取人の場合、
よく考えて受取配分を決めましょう。

 

タグ :   

生命保険の受取人 生命保険の選び方 生命保険料控除

この記事に関連する記事一覧