生命保険 受取人 本人

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険の受取人は本人もなれるって本当?

生命保険 受取人 本人

生命保険は、
基本的に加入者が死亡時に残された遺族に
お金を残すために加入する保険プランです。

 

 

また、
中には自分の死後に遺族に迷惑をかけたくない
ということで生命保険に加入する人もいるようです。

 

 

人間は、
亡くなった後でも
葬儀やお墓の準備などでお金がかかります。

 

 

その死後の世話をしてくれる人に、
少なくとも資金だけは残したいという
考えから生命保険に加入して、
保険金でまかなってもらおうということです。

 

 

このように、
用途は人それぞれですが
ほとんどの人が一生涯で生命保険に
加入すると言われています。

 

 

生命保険の受取人はどんな人がなるの?

 

 

生命保険では、
受取人を設定する必要があります。

 

生命保険 受取人

 

その受取人ですが、
はっきりと指定したい人が
いない場合もありうるのです。

 

 

受取人として多いのは、
一親等である親や配偶者などです。

 

 

自分が亡くなったあとにでも
生活を保証してあげるということからも、
配偶者がいる場合は配偶者が、
いない場合には親が受け取る場合が多いです。

 

 

要は
扶養すべき家族か、
死後の世話をしてくれる人かの
どちらかの選択であるのです。

 

 

ですが、
もう恒例となり親は先に亡くなっていて、
配偶者も亡くなり
子供はいないという人も少なからずいます。

 

 

そのような場合、
近しい人物として叔父や叔母、
姪や甥などを設定することが一番簡単だと思います。

 

 

ただし、
長らく疎遠になっていたり遠方にいる場合には
なかなか設定しづらい部分もあるかもしれません。

 

 

また、
誰か1人に設定をして
同等の立ち位置の人と揉める場合も考えられます。

 

 

叔父が2人いるのに片方を受取人とすると、
もう1人の叔父と揉め事になってしまうことも
あり得るのです。

 

 

そのようなことを避けたいが、
保険金としては残したいという場合には、
加入者本人に受取人を設定することもできるのです。

 

 

受取人を本人にするとどうなるの?

 

 

本人を受取人とするには
いろいろ事情があるかと思います。

 

受取人 本人

 

本人にしておけば、
保険金は加入者の死後は
加入者の口座に支払いがなされます。

 

 

そうなると、
そのお金はもう保険金ではなく
遺産として見ることになります。

 

 

ですので、
葬儀やお墓などの準備をしてもらった上で
残ったお金は法的順番によって
遺産相続がなされるわけです。

 

 

もちろん本人の意思があるのであれば、
その旨遺言などに残しておけば
配分は決めることができます。

 

 

ただ、
特に配分の指定もない場合には、
保険金を含め残されたお金やその他の遺産は
一親等二親等三親等と順番に相続がなされます。

 

 

このようにすれば、
死後に揉め事となることもなく
平等に相続がなされますので、
これらの心配ごとがある場合には
受取人を本人に設定するのがおすすめです。

 

タグ :  

生命保険の受取人

この記事に関連する記事一覧