生命保険 受取人 本人

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険の受取人を本人にすることはできる?

生命保険 受取人 本人

家族のためにお金を少しは遺したいと
考えることになるでしょう。

 

 

そこがとても重要なことになります。

 

 

それは基本的には良いことになります。

 

 

ですから、
その方法としてあるのが生命保険になります。

 

 

生命保険というのは
自分の命に関することにリスクがある場合において、
そこに保険をかけることになります。

 

 

生命保険というのは、
受取人が大事にもなります。

 

 

そもそも
自分が受取人にしたところで
例えば重度の障害などの保障などが
ついていない限りは意味がないからです。

 

 

しかし、
本人が受取人になることもあります。

 

 

そもそも保険契約というのは、
受取人というのは相続をするわけではないのです。

 

 

生命保険の場合、
あくまで契約的にそこに支払われる、
ということだけですから、
相続というイメージがあるのですが、
それは違うことになります。

 

 

しかし、
それでも受取人を本人にしていますと
それはまた別の意味合いが出ることになります。

 

 

受取人が本人だと相続の対象になるの?

 

 

一度、
本人に受け取ってもらう、
つまりは、
本人の財産になる、
ということになります。

 

受取人 本人 相続

 

そうなりますとこれは遺産相続の対象になる、
ということになります。

 

 

実はこれで大きく揉めることがありますから、
どうするべきであるのか、
ということはよく考えておきましょう。

 

 

受取人というのは複数を指定することができます。

 

 

つまりは、
妻だけにすることもできますが、
子供にいくら、親にいくら、
ということをパーセンテージで
契約することができます。

 

 

しかし、そうではなく、
まず、受取人を本人、
とすることもあるわけです。

 

 

そうすれば自分が死んだ時には法定相続人に、
ということにまずなるからです。

 

 

本人受け取りには
メリットもありますがデメリットもある、
ということです。

 

 

しかし、
生命保険の場合、
税金の控除がありますから
そうした受取方を遺産でするのは
一つの節税の方法として
確立されているくらいですから、
基本的にはそんなに悪いことではない、
という認識でよいでしょう。

 

 

十分にメリットがある契約、
受け取りの方法であるといえます。

 

 

生命保険とは人によって良し悪しは確かにあります。

 

 

そもそも天涯孤独のような人では意味がない、
ということもありますから、
自分が加入するメリットがあるのか、
誰に残すことがベストであるのか、
ということをよく考えてから
契約をするようにしましょう。

 

 

そうすることがまずは
肝心なことであると言えるでしょう。

 

タグ : 

生命保険の受取人

この記事に関連する記事一覧