生命保険 受取人 法定相続人

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険の受取人を法定相続人以外にしたらどうなるのでしょうか?

生命保険 受取人 法定相続人

遺された遺族のために、
お金をどうにかして遺してやりたい、
という時に考える方法にはいくつかあります。

 

 

財産があれば良いのでしょうが、
そうではない場合、
生命保険という手があります。

 

 

これは相続税対策などにも使われることがあるので、
意外にも加入していることが多い保険でもあります。

 

 

家族がいるのであれば、
基本的にはメリットがあるものになりますので、
加入する価値があるといっても過言ではないでしょう。

 

 

この生命保険は支払人と受取人が違います。

 

 

そもそも自分の命に保険をかける訳ですので、
これは当然であると言えるでしょう。

 

 

ですので、
しっかりと遺す人を決める必要性があります。

 

 

 

 

生命保険の保険金には遺留分がないのです

 

 

生命保険の保険金には遺留分がありません。

 

生命保険 保険金 遺留分

 

遺留分とは、
相続人ではない人を指定して財産が相続される場合、
法定相続人の権利として、
遺留分というのが設定されていることをいうのですが、
生命保険にはそれがありません。

 

 

つまりは、
血縁者以外を指定することはかなり難しいですが、
そこそこ遠い血縁者になることはありえます。

 

 

そして、
法定相続人がその分にも遺留分を要求したとしても、
それは全くできないようになっています。

 

 

生命保険にはそうしたことがありますので、
注意しておきましょう。

 

 

しかし、
これはそこまで問題になるようなことではありません。

 

 

何故かといいますと、
そもそも生命保険というのは、
大抵は受取人が法定相続人であるのでです。

 

 

つまりは妻とか子供などにするのが普通です。

 

 

もちろん、
奥さんが加入する場合は夫と子供になるでしょう。

 

 

生命保険の受取人に法定相続人以外を指定したら

 

 

このように、
大抵は法定相続人が受取人になりますので、
遺留分云々で揉めることはそれ程多くはありません。

 

生命保険 受取人 法定相続人

 

しかし、
そうしたことを主張する人が出て来る可能性が、
ゼロという訳ではありません。

 

 

例えば、
甥や姪を受取人にした場合です。

 

 

そして、
それは法定相続人からみれば伴侶や親の保険金なのに、
どうして直系血族ではないのに、
ということで揉めることがあるのです。

 

 

しかし、
実際問題として、
これはあくまでも契約なので揉める要素がありません。

 

 

生命保険とはあくまでも保険会社との契約であるため、
遺留分には当てはまらないのです。

 

 

基本的にはそうなっていますので、
きちんとこれを理解しておきましょう。

 

 

このことは意外にも知られていないようです。

 

タグ : 

生命保険の受取人 生命保険の見直し 生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧