生命保険 個人年金 受取人

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険や個人年金の受取人がいない場合ってどうなるの?

生命保険 個人年金 受取人

生命保険や個人年金などは、
自分の老後、
または死後にお金を残したいという人から、
人気を集めている保険プランです。

 

 

個人年金は、
自分で自分の年金を貯めるための貯蓄型の保険で、
私的年金と呼ばれています。

 

 

通帳貯金よりも利子となる返戻率がとても高く、
同額を貯金するのであれば、
断然個人年金に切り替えをした方が良いのです。

 

 

また、
生命保険は自分の死亡時の受取人を遺族にして、
その人物にお金を残す制度です。

 

 

ですので、
自分自身というよりは葬儀やお墓などの、
自分の死後の世話をしてくれる人を受取人にします。

 

 

保険金の受取人がいない状態ってどんな時?

 

 

保険金の受取人としては大体、
親や兄弟、
結婚をしていれば配偶者や子どもが妥当ですね。

 

保険金 受取人 いない

 

では、
受取人がいない場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

 

そもそも、
受取人がいないのはどのような状態かというと、
もう高齢になっていて両親は亡くなっている、
或いは未婚で子供もいない、
という場合が当てはまるかと思います。

 

 

また、
受取人に指定していた配偶者が亡くなってしまい、
子どもがいない家庭だというケースも、
次に考える受取人がいない場合があります。

 

 

単純にいうと、
そのような時には先程も言ったように、
死後の世話を頼む人を受取人に指定することです。

 

 

例えば叔父や叔母、
姪や甥など少し離れた親族がある場合には、
その人達にお願いをするのが妥当でしょう。

 

 

生命保険の受取人がいない場合は解約も考えよう

 

 

ただし、
そもそも生命保険は、
残された遺族のその後の生活を賄うためのものです。

 

生命保険 受取人 解約

 

つまり、
受取人として設定したいという人が、
はっきりといない場合には、
そもそも保険を解約してしまっても、
問題はないのではないでしょうか。

 

 

解約をしたとしても、
中途解約でお金は帰ってきます。

 

 

そのお金を貯蓄しておけば、
亡くなった後に、
そのお金を葬儀やお墓などに使って貰えます。

 

 

残った分は遺産相続で親族が相続していきますので、
もしもこの人に残したいという指定があれば、
その旨遺言などに書き留めておけば良いのです。

 

 

遺言などがなければ、
配偶者や親子どもなどの一親等がいない場合でも、
法的順番で二親等、
三親等と遺産が相続されていきます。

 

 

個人年金はライフスタイルに合わせて臨機応変に

 

 

ですので、
自分が亡くなった後に養うべき遺族がいない場合には、
生命保険自体を解約しても良いということになります。

 

個人年金 ライフスタイル 臨機応変

 

ただし、
自分の老後の安定のために、
個人年金をと考えている場合には、
生命保険に加入しているとお得なこともあります。

 

 

個人年金は生命保険の特約として付けると、
支払額が減ったり、
受給時の支給金額が増額されることもあるのです。

 

 

必要ないと思えば解約してしまっても良いでしょうし、
解約はすぐにできるからと、
もう少し待ってみても良いかと思います。

 

 

自分のライフスタイルに合わせて、
臨機応変に対応するのがベストですね。

 

タグ :   

生命保険の受取人 生命保険の選び方

この記事に関連する記事一覧