生命保険 受取

そうだ、生命保険を勉強しよう!

生命保険を受け取る際の注意点とは?

生命保険 受取

生命保険は、
基本的に加入者が亡くなった後にでも
遺族が生活に困らないように、
また、
死後の葬儀やお墓の準備などの世話をしてくれる人に
迷惑がかからないようになどの理由から
加入を考える保険です。

 

 

ですので、
受取人は親であったり
結婚していれば配偶者であることが多いです。

 

 

生命保険の場合、
死後の保険金の受け取りを
複数人数設定することもできます。

 

 

例えば、
扶養家族がいて、
自分が亡くなったあとにも満足な生活ができ
生活を立て直すにも充分な期間がもてるくらいの
お金が残したい場合がまず一つあります。

 

 

ですが、
年老いた両親も同じく養っていた場合、
その両親にも少しは
残してあげたいという場合もあります。

 

 

生命保険の受取人は複数設定できるの?

 

 

複数の人を受取人にすることは可能ですが、
生命保険の受取人を複数にする場合は
いくつかの注意点があります。

 

生命保険 受取人 複数

 

まず一つに、
受取人はそもそも二親等までしか設定ができません。

 

 

親、配偶者、子供、孫、祖父母辺りを
二親等といいます。

 

 

大体の人は保険金を残したいと思う相手は
二親等のうちにおさまっているものですが、
ごく稀に友人に残したいという人もいます。

 

 

基本的にはそのような人に
残すことは難しいので、
二親等の中で決めましょう。

 

 

また、
受取人を複数設定する場合、
保険金の受取額はパーセンテージで設定をします。

 

 

例えば、
配偶者50パーセント
親50パーセントという形です。

 

 

遺言で本人の意思を残しておこう!

 

 

ですが、
受取人には代表者を決める必要があります。

 

遺言 本人

 

受け取りの際には、
受取人と設定されている人の
印鑑や諸々の書類が必要ですので、
誰か1人が勝手に受け取ることはできません。

 

 

ただし、
保険金が支払われるのは
代表者1人に一括して
支払いがされる場合が多いです。

 

 

そして、
代表者から受取人に配分がされるのです。

 

 

代表者は、
複数受取人とされている人たちに
後から支払いをする形となりますので、
もしもその際の揉め事がされたくない場合には
法的に効力のある遺言などにしっかりと
書き留めておくことをお勧めします。

 

 

支払いの前にはハンコや書類などを提出しますので、
手続きもあります。

 

 

あまり揉めることはないとは思いますが、
保険金がおりるときには
本人はいませんので、
残された家族同士での面倒ごとを防ぐためにも、
複数の受取人を設定する際には
意思がしっかりと分かるものを残す必要があります。

 

 

それか、
いっそのこと生命保険に複数入り、
それぞれに受取人を設定するという手もあります。

 

タグ :  

生命保険の受取人

この記事に関連する記事一覧